スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父方の実家とトンゾーの実家の戦争の話

2011年8月、3年前に、SNSの日記に書いたものを思い出したので、少々加筆して再掲。

8月の、ちょうど15日だったかな。初めてトンゾーと父の実家に訪れ、図らずも父方の親戚にトンゾーをお披露目することになりました。
父は7人兄弟の末っ子で、2人の伯父はすでに亡くなり、1人の伯父は施設にいます。
今回集まったのは両親&私&トンゾー、父の姉3人と、亡き兄2人のそれぞれの嫁(義理の伯母)たちと、私のイトコ夫婦。

まあ、はつらつ世代の女が集まって、にぎやかなこと…誰も黙ってない(笑)
あとで母に「さすがにお母さんも(小姑だらけの)あの中では無口だね?」といったら「きょうはノドがいたいから黙ってたの、いつもだったら黙ってないよ」だそーで、そりゃ失礼をば。

長姉の「椿」伯母はそのとき78歳。なので今年は81歳か?
トンゾーと会って、「そのうちミャンマーいきたいねえ」なんて話していたよ。元気だねえ…
そして次のC伯母はおそらくその5つ下?なんとタイ・カンボジアと、ミャンマーにもいったことがあるらしい!
そして父のすぐ上、といっても4つ違いのT伯母は、いわきに嫁いだ娘家族が家に来ており、4人の小さいマゴにてんてこ舞いとのこと。

そのメンバーで、あれこれ、昼食をいただきつつむかし話などしました。
何しろ、親戚同士でよく集まっていた頃は私はまだ幼かったので、イトコとTVゲームやら鬼ごっこなんかをするばかり。
こうして大人として四方山話をするのは実は初めてで。

さて、長姉の椿伯母が14歳の時に父が生まれ、父は母親の代わりに姉に面倒を見てもらって育ててもらったようなもの。
そんな椿伯母は、お嫁に行くまでにこの家にあった色々なことを知っているのです…

終戦時12歳だった椿伯母が、
「忘れもしない19○○年11月27日」(何年だったか、その話を聞いたワタシが忘れてしまった。確か44年か。)
といって、当時の話をはじめました。

今建っている実家の家屋、これは昔はもっと、1,2軒分くらい前の方の場所に建っていたらしい。戦時中などはこの場所は、玉ねぎか何かの畑だったそうな。
その、忘れもしない11月27日、この畑に爆弾が落ちてきたんだそうだ。
「ちょうどこの位置と、あっちの、いまK子さんが座っている所。」
飛行機は右翼左翼側からそれぞれ1発ずつ落とすので、いちどに2つ爆弾を落としていくわけだが…

「私はかあちゃん(祖母)と、(掘立小屋か何かで)配給の真っ黒な米を臼でついてたわけ。で、空襲警報がヴーーーンとなって、そのうちまたヴーンンとなって。。」
ら、そのうちドーン!!!と爆弾が落ち、そのあとは訳が分からなくなったらしい。
飛行機が近づいた時伯母は危険を察したか「かあちゃん!」と祖母をとっさにひっぱり、二人して臼のそばにしゃがんで頭を抱えていたらしい。
みると、物置の扉がぱっくり縦に割れていたとか。
そして、家の中には畑の土が入り込んだらしい。

爆弾が落ちて畑にあいた穴は、土が柔らかいせいで巨大で、近所の人も見に来たくらい。その後もしばらく残っていて、雨が降れば池になったし、あれこれモノを投げ入れたりしてもちっとも埋まらないほどだったそう。

ちょうど爆弾が落ちたころ、赤ん坊だったT伯母は何も分からず、家の中の爆弾から一番近い部屋で寝ていて、5歳だったC伯母はかわいそうにたまたま一人きりでいて、あとでとうちゃん(祖父)と兄(伯父)と、押入れの下に入りこんでしばらくじっとしていたとか。

椿伯母いわく、「普段は気の強いこの人(C伯母)は、相当怖かったと見えてその日の晩御飯食べなかったもんねえ。」
C伯母は、たまたま一人でいて怖くて、今でもTVなどで、戦時中の沖縄で小さい女の子がガクガク震えているような場面を見ると、当時の自分を思い出して涙が出て止まらないのだと言った。

で、一家は疎開することにしたんだそうだが…
赤ん坊だったT伯母は連れていけないからと、なんと椿伯母(当時12歳)が子守として残されたんだとか~ 長女はつらいよ。

その他にも、近所の大人たちが潮干狩り(今はレジャーだが当時は食料調達の目的で)に行くというのでついていった時の話。
浜を歩いていたら途中、腕時計をはめた腕のちぎれたのが転がってて、先の東京大空襲のが流されてきたのか?と、それを覗き込みながら「アレ?これ米兵のかなァ?」などと思いつつそのまま通り過ぎ、そのへんで貝を掘ってたとか。

あとは妹か誰かと歩いていたら警報が鳴ったので駅かどこかのベンチの下に潜り込んだりだとか、機銃掃射を受けたりだとか、そんな話を次々にしてくれました。

そのうち、父が「爆弾ってさ、落ちると縦に破裂するんだよな。その破片が厚さ3ミリぐらいでこれくらいの大きさで、」といって割りばしの袋を縦に少し折って、幅2,3センチ、長さ10センチくらいの大きさにし、
「これがこう、飛んでくるんだよな」と、破片が小刀のように四方八方に飛び散って人に刺さる様を説明。子供の時分はよく破片を見かけたというのだ。と椿伯母が、
「でもアンタはソレの錆びたのしか知らないじゃないか、私はピカピカのを見てるんだよ(苦笑)」

ちょうど団塊世代の父だけは、兄弟の中でただ一人「戦争をしらない子供」なのである。
それでも、当時はそういう破片がいくつもかやぶき屋根にささっていて…おっとり育ちのかあちゃん(祖母)でも、梯子で上ってってそれらを取っていった、とかいう話をしていた。


そしたらトンゾーも、ラペイェザイン(喫茶店)を経営していたおばあさんの話をしだした。

おばあさんは自分の子供と、なくなった兄妹のから引き取った子供たちを育て上げながら喫茶店を切り盛りしていたというので、おそらく肝っ玉母さんだったろうな。
おばあさんは戦争当時、商売柄当然のように日本兵とも交流があったので、トンゾーはその頃の話を聞かされていたそうで。
日本兵はそこらの子供に日本語を教えていて、まだその日本語を覚えている人がいたりとか。
また敗戦後、日本兵より、日本軍が満州から連れてきた中国人の方がタチが悪かったりとか。
米兵や中国人から逃れてきた日本兵をかくまい、僧侶の格好をさせて逃がしたというビルマの竪琴さながらの話もしたのでした。

*****

でも、さすがにこの場では話しづらかったらしい。
私もこのあと1,2年位して、トンゾーから思い出したように聞かされた話。

町で最も豊かなうちの一つの主がいささかケチで、日本兵から家畜を徴収されたのを拒んだ翌日だったかに、変死していたとか。
トンゾーのおじいさん(確か)が日本兵に強制連行され、移送中の列車の中から頃合いを見計らって決死の覚悟で飛び降り、命からがら逃げ帰ってきたと。もちろん途中で逃げ残って死んだ人も何人もいたし、おじいさんは飛び降りるときに足の甲に穴があくような怪我をし、死ぬまでその傷跡が残っていたとか。

そんな話。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリー
最近の記事
過去ログ v Co リバース
過去記事はこちらから検索してください

Plug-in byまる。hi

ブログ内検索
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。