スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンプラーとココ缶と適量

初めてタイのレッドカレーを作ってみた。
すすんでそうしたのではなく、アジア雑貨フェアでレトルトカレーだと思ってよく見ずに買ったら、ただのペーストだったので、調理が必要だったわけ。
袋の裏に書いてあった材料もだいたいすぐ揃えられるものだったし(ただし、この時以外は使わなさそうなスパイスは無視した)、作り方は日本のカレーと同じ。

でもこの「すぐ揃えられるもの」という認識のお陰で、作るときに変な手間がかかってしまった。

揃えるべき材料は、無視したスパイス以外には、鶏もも肉、ナス、たけのこ水煮の千切り、ナンプラー、ココナッツミルク。
さっそくペーストと肉、野菜を炒めて、さあナンプラーを出そうと戸棚を開けたら、いつも一番手前にあるのに、そこにない。
そういえばこの間トンゾーが、「ナンプラーが切れてたから醤油と干しエビを使ったよ」と野菜炒めを作っていたなあ。
でも奥の方にそれらしい瓶がある。なんだトンゾー、これには気づかなかったのか。と思って手を伸ばしたら、ナンプラーではない別の味付けのソースではないの。

…ナンプラーが、ない?味付けに肝心なナンプラーが、切れてる???

もう野菜も肉も炒めてしまった。
代わりに醤油と干しエビでも使おうか。いや、この間の野菜炒めは悪いけどマズかった。

しょうがない、ちょっとそこまでナンプラーを買いに行くか、とフラーっと外に出た。
まず近所のコンビニに行ったが、なかった。まあね、ないと思ったさ。と、近所のスーパーに行ったがそこにもない。
ここは割と色々なものが揃っていると思っていただけに、これはちょっと意外だった。
しかも店長らしきオジサンに念のため尋ねたら、「ナンプラー……なんぷらー? ナンプラー、って、何ですか?」と聞き返される始末。

これで帰ろうかとも思ったが、確実にあると思われる駅前のスーパーまで行って、ようやくナンプラーを買うことができた。
普段は小さい瓶が1種類しか置かれていないのに、別メーカーのものが目玉コーナーで安く売られていたのはラッキー。
レッドカレーは無事完成した。

アジア料理には欠かせないナンプラー。
我が家にも、醤油と同じくらい使うほどではないがミャンマー料理を作るときは必ず使うので、確認しなくてもひと瓶はストックがあるものと思い込んでいたし、それに、アジア雑貨屋に行けばズラリと並んだ1リットルパックが自然と目に入る。
そんなわけなので、日本のスーパーではオイスターソースよりも影が薄いことに驚いてしまった。
でも確かに、ナンプラーなんて日本の一般家庭では何に使うことやら。私なんか空芯菜炒めとガパオしか思いつかないぞ。
加えていえば、先に何の気なしに「ココナツミルクを買っといた」なんて書いたけれども、これだってナンプラー以上に、日本の売り場にはないものだろうな。
こんなところで認識のズレを認識してしまうとは。

ところで認識のズレといえば、カレーペーストの裏に書いてあった材料。量の表示が面白かった。

 鶏もも肉(適量)、ナス(適量)、たけのこ水煮の千切り(適量)、ココナツミルク(400ml)

「(適量)」ってなんだー!

だから適量はどれくらいなんだー!

と、多くの日本人は突っ込むのではないだろうか。
「シュフ料理はテキトウを持って旨とす」が信条の私でさえのけぞった。

日本でも料理の材料の分量をきちんと単位をつけて表示するようになったのは、岸朝子さんが始めてからのようなのだが、他の国ではどうか? 
鷹揚なアジアンスタイルでは、作る人が「これくらいがおいしいのよねー!」といいながら、そのひとの「適量」に任せているのかもしれない。

で、一つ具体的な数字があるのがココナツミルクの400mlだけど、これ、よく見る大きさの缶一つ分の量なのだ。
そして、作ってみたカレーは、ややココナツが多いような気がした。
クックパッドに載っていたレシピには、300mlとも書いてあったし、もっと少なくてもよかったんじゃ…。

………。

まさか、100ml余らせて捨てたり他に使ったりなんていう面倒な事はせず、「1缶そのまま入れちゃえばOK☆」なんていう考え方からこの分量表示になったのでは?などと思ってしまった。
スポンサーサイト

コメント

わかるわかる

ナンプラー、ときどき必要になるんですよねー。
ありがたいことにセイユーが近所にあるんで、困らないけど夜だと困るかも…
それから「適量」。
カレー類には野菜を多く入れ過ぎちゃっていつも味が薄くなるわが家です。私も料理のとき、「適量」って書いちゃうから、どうしよう(^^;)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリー
最近の記事
過去ログ v Co リバース
過去記事はこちらから検索してください

Plug-in byまる。hi

ブログ内検索
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。