スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今朝見た夢】社会人で大学合格

今朝見た夢。
ボルトもさおりちゃんもなでしこも関係なく。
しかしそのため早起きしたおかげで、久しぶりにまた夢が見られたのだろう。
(先日見た夢も同様、オリンピックを見るので睡眠時間がズレたので、見られたのかと)

*****

やや年季の入ったガード脇の商店街。雰囲気は高円寺か阿佐ヶ谷のようである。
そのあたりに、おじさんおばさんが店主らしい古道具屋のような雑貨屋があった。
雑貨といっても、インテリア雑貨など。
香水(香水瓶)みたいなものでめぼしいものがあったので買うという
その店の店主夫婦になにか問題がありよその人たちとちょっとした揉め事などあった。
問題とは、伝染病を持っているのか、その夫婦が悪霊に取りつかれているのか、あるいは夫婦がインチキ宗教家だとか、そんなこと。
そして近所の人も含めてその夫婦を成敗、というか、問題を片付けようとしていた。

私は大学受験をすることになっていた(この年で、社会人受験)
実際はもっと入りやすい安全圏内の学校を受験する予定だったのだが、
ひょんなことからある大学の試験を受け、面接もいった。
面接は広い明るい部屋で、長机が中央に渡してあり数人の面接官が座っていた。
といっても面接官の前にもそれぞれ椅子があり、面接自体は一対一のようだった。
私の面接官は上品で知的な、半分くらい白髪のメガネをかけた女性。そう、顔だけ見知っている、某日本語学校の偉い先生のようだった(実在)。
しかもその先生は、サルさんの仕事がらみの上司のような人だった。

後日、その大学から合格通知がくる。
その大学は、一橋大学だった。
受ける予定もなく、その学校で専攻する学科も吟味していなかったのに…
しかもあとで、面接間となった先生、つまりサルの上司からは、
「本当はあなたの試験の結果は60点(60%)くらいしかできていなかったので、合格基準には達しなかった。でも面接やその他の条件を加味して、一応合格させるということにしたの。」
サルさんのコネのみというわけでもないだろうが…予想外のことで喜ぶ暇もない。
しかし、せっかくいい大学に受かったのだからと、予定していた学校を受けるのをやめて、一橋に通うことにした。

実は一橋は遠い知人が通っていたのだが、10年近く会っていないその知人に会って、「I君が先輩になるんだねえ!」などという。
また、入学前の大学見学をしたり、学生だかOBだかの話をきいたり…
そして私はどこの学科に通うか考える。
知人と同じく政治学?おいおい無理だよ。ビルマ語の翻訳、がなんだか現状に一番合ってる気がするが、その勉強だけじゃもったいないしなあ…

場面変わって、さきほどの雑貨屋のあったあたり。
雑貨屋はもうなく、例の店主夫婦(ではなかったかもしれないが)と娘のような家族は、すでに「成敗」されて小さな祠のようなものがあった。祠といっても小屋のような形のものはなく、猫の額ほどのむき出しの場所に、その夫婦と娘3人をかたどった怪しげな人形が置かれているだけだ。

場面変わって、地方の特急列車のようなものに乗っている。座席幅が飛行機並みに広かったような。
その通路を後ろから前のほうへ、確か自分の席から連れの席(あるいはその逆)へ移動していた途中で、かわいい子犬だか子猫がいた。
抱き上げて頬ずりなどしてかわいがる。
ら、その飼い主もほほえんでいて、しばらくのち、「またね」などいいながら飼い主が持っていたかごに戻す。



夢占い。「ザウイの部屋」より。

■試験
実際に試験を受ける前に見た場合、夢で見た結果と実際の結果は関係ありません。
 現実に試験などないのに、試験の夢を見た場合は、自分が社会に受け入れてもらえるかどうか不安に思っていると考えられます。

■面接
面接試験の夢は、評価や評判を象徴しています。自分に対する評価や評判を気にするあまり、個性が失われることを警告する夢でもあり、反面、自分をアピールしたいという積極性を表わしている夢でもあるといえます。(略)

■昔の友人・知人
(略)夢に出てきた友人(知人)の名前が特に印象に残った場合は、現在の交際範囲の中にいる同名の人物との関係を表わしている場合もあります。同名の人物に心当たりがない場合は、近い将来、同名の人と出会う可能性を含んでいます。(略)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カテゴリー
最近の記事
過去ログ v Co リバース
過去記事はこちらから検索してください

Plug-in byまる。hi

ブログ内検索
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。