スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉のミャンマー人

先日、トンゾーと鎌倉に行ってきました。
日曜日の午前中に出発、昼前に到着…ふわ…眠い…そして暑い…
秋の気配が漂ってきたとはいえ、まだ日差しは強く、日傘などは欠かせません。

大仏様の前までゆくと、耳に入ってくるのはミャンマー語。

ビルキチ日本人の中ではよく知られていますが、日本に来るミャンマー人はほとんど必ず鎌倉にお参りをします。
日本在住のミャンマー人も、お正月以外にも、誕生日やら何やらで、年に何度か訪れます。

そしてそばにいるミャンマー人のグループを見ると、どうやら日本在住者ではなく旅行者のようでした。

お参りをすませ、礎石に腰かけてぼんやり辺りを眺めていると、
ミャンマー人旅行者の女性たちが大仏様の前で靴を脱ぎ座ってひれ伏し、ミャンマー式に祈りをささげていました。これも日本でよく見かける光景。

そのうちある一人の女性は、清楚な白いエンジー(上衣、ブラウス)に更紗柄のタメイン(女性用腰巻)をきゅっと巻きつけ、腰まである長い黒髪をきちんと一つにまとめて垂らしている。
その人の、芯があっても柔らかそうな物腰がなんとも優雅で美しく、ニュースで見たスーチーさんを髣髴とさせました。
また、あとで彼女が私のいるほうに歩いてきたときに気づいたのですが、両頬に梅の実ほどの大きさで丸くタナカを塗っていました。
あー、これぞMyanmar Beautyだなあ、としばらく彼女に見とれてしまいましたた。

最近ぐっと自由の風が吹いてきているミャンマーですが、女性の服装についても例外ではありません。
ミニスカートも流行の服もいいけれど、traditional Myanmar beautyも決して忘れないでほしいな。
何より彼女たちを美しく見せるスタイルだから。



余談だが、あとでトンゾーと一緒に、そのグループの人たちと少しおしゃべりをしました。
その中にワンセット(民族衣装のツーピース)をぴったり着こなしている女性がいました。
彼女に「フラーデ(きれいです)」といったら、彼女は何やらかにやらと笑顔で答えてくれたのですが、私のビルマ語レベルは挨拶以上のものではないので、ナサケナイことにほとんど何を言っているのかわかりませんでした。トホホ。

が、雰囲気とわずかに聞き取れた単語から察するに
「ミャンマーの服はミャンマーで作られたので、ミャンマー人に似合うようになっているのよ」
…とでも言ったのかな… タブン…

もっとビルマ語を勉強しましょ…

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ミャンマー - ジャンル : 海外情報

どうせ死ぬんだから、

誤解があったおそれがあるので加筆修正しました、、(8月16日)

*****

本日は終戦記念日、平日休み、というわけで
久しぶりに「徹子の部屋」を見ました。
ゲストは三遊亭圓歌師匠。

内容は主に戦争当時の話だったのですが、
氏が「こんなこといっちゃっていいのかな…」といった話。
それ以外にも「こんなこといっちゃいけないんだけど」と
ところどころ気を使いながらお話されており、
言いあぐねる話とは何かと言ったら、

当時16歳かそこらで、学徒動員として駅員として働いていた師匠。
ある日、空襲のさなか、防空壕にいた
女子挺身隊の一人がいまして。

そしたらのその挺身隊のお姉さんが、
「どうせ 死んじゃうんだから、、」
と言いまして。

このときというのは、16歳で駅員業務をしていたということは、もうちょっと年上の男性は
兵隊にとられていて居ませんでした。
そうするとその兵隊さんと同じ年ごろの女子挺身隊になっているような人たちは
お嫁にいく機会もそうですが、まず相手もいない、そんな背景があったので。

その時、その場には二人きりで。
そうしてそのお姉さんによばれて、応えた、そうです。

「その人にとっていいことだったのかな…」
なんて徹子さんと二人語っていましたけどもね。

私は、こういうことって、ほんとうに良かったかどうかは
少なくとも本人が死ぬときまでわからないものだと思いますが、
そのときはそれでよかったんじゃないだろうか…と思いました。
他人にはわからないですよね。


その話を聞いて、他のエピソードを思い出しました。
比嘉慂さんというマンガ家さんの描いた話なのですが。
比嘉さんは沖縄の話、とくに戦争ものを多く描いている人です。

 ずいぶん前に読んだ話なので忘れましたが(細部が間違っていたら失礼)
 沖縄本土決戦で、戦闘状況も危ういとき、主人公か誰かが、山へ妹を探しに行くんです。
 すると、洞窟の中で、妹やほかの娘たちが
 日本人兵士にさんざん慰みものにされた後らしく、泣きながら横たわっている。
 その兵士は(本土のものだったような)
 「どうせ死ぬんだ、、、」というようなことをいって
 うすら笑いを浮かべながらうつろな目をして座り込んでいた。

そんなシーンでした。

おなじ「どうせ死ぬんだから、、、」といって
どれだけの違いがあることか。



(上記のエピソードはこの本の中にあるかも↓)

【今朝見た夢】社会人で大学合格

今朝見た夢。
ボルトもさおりちゃんもなでしこも関係なく。
しかしそのため早起きしたおかげで、久しぶりにまた夢が見られたのだろう。
(先日見た夢も同様、オリンピックを見るので睡眠時間がズレたので、見られたのかと)

*****

やや年季の入ったガード脇の商店街。雰囲気は高円寺か阿佐ヶ谷のようである。
そのあたりに、おじさんおばさんが店主らしい古道具屋のような雑貨屋があった。
雑貨といっても、インテリア雑貨など。
香水(香水瓶)みたいなものでめぼしいものがあったので買うという
その店の店主夫婦になにか問題がありよその人たちとちょっとした揉め事などあった。
問題とは、伝染病を持っているのか、その夫婦が悪霊に取りつかれているのか、あるいは夫婦がインチキ宗教家だとか、そんなこと。
そして近所の人も含めてその夫婦を成敗、というか、問題を片付けようとしていた。

私は大学受験をすることになっていた(この年で、社会人受験)
実際はもっと入りやすい安全圏内の学校を受験する予定だったのだが、
ひょんなことからある大学の試験を受け、面接もいった。
面接は広い明るい部屋で、長机が中央に渡してあり数人の面接官が座っていた。
といっても面接官の前にもそれぞれ椅子があり、面接自体は一対一のようだった。
私の面接官は上品で知的な、半分くらい白髪のメガネをかけた女性。そう、顔だけ見知っている、某日本語学校の偉い先生のようだった(実在)。
しかもその先生は、サルさんの仕事がらみの上司のような人だった。

後日、その大学から合格通知がくる。
その大学は、一橋大学だった。
受ける予定もなく、その学校で専攻する学科も吟味していなかったのに…
しかもあとで、面接間となった先生、つまりサルの上司からは、
「本当はあなたの試験の結果は60点(60%)くらいしかできていなかったので、合格基準には達しなかった。でも面接やその他の条件を加味して、一応合格させるということにしたの。」
サルさんのコネのみというわけでもないだろうが…予想外のことで喜ぶ暇もない。
しかし、せっかくいい大学に受かったのだからと、予定していた学校を受けるのをやめて、一橋に通うことにした。

実は一橋は遠い知人が通っていたのだが、10年近く会っていないその知人に会って、「I君が先輩になるんだねえ!」などという。
また、入学前の大学見学をしたり、学生だかOBだかの話をきいたり…
そして私はどこの学科に通うか考える。
知人と同じく政治学?おいおい無理だよ。ビルマ語の翻訳、がなんだか現状に一番合ってる気がするが、その勉強だけじゃもったいないしなあ…

場面変わって、さきほどの雑貨屋のあったあたり。
雑貨屋はもうなく、例の店主夫婦(ではなかったかもしれないが)と娘のような家族は、すでに「成敗」されて小さな祠のようなものがあった。祠といっても小屋のような形のものはなく、猫の額ほどのむき出しの場所に、その夫婦と娘3人をかたどった怪しげな人形が置かれているだけだ。

場面変わって、地方の特急列車のようなものに乗っている。座席幅が飛行機並みに広かったような。
その通路を後ろから前のほうへ、確か自分の席から連れの席(あるいはその逆)へ移動していた途中で、かわいい子犬だか子猫がいた。
抱き上げて頬ずりなどしてかわいがる。
ら、その飼い主もほほえんでいて、しばらくのち、「またね」などいいながら飼い主が持っていたかごに戻す。



夢占い。「ザウイの部屋」より。

■試験
実際に試験を受ける前に見た場合、夢で見た結果と実際の結果は関係ありません。
 現実に試験などないのに、試験の夢を見た場合は、自分が社会に受け入れてもらえるかどうか不安に思っていると考えられます。

■面接
面接試験の夢は、評価や評判を象徴しています。自分に対する評価や評判を気にするあまり、個性が失われることを警告する夢でもあり、反面、自分をアピールしたいという積極性を表わしている夢でもあるといえます。(略)

■昔の友人・知人
(略)夢に出てきた友人(知人)の名前が特に印象に残った場合は、現在の交際範囲の中にいる同名の人物との関係を表わしている場合もあります。同名の人物に心当たりがない場合は、近い将来、同名の人と出会う可能性を含んでいます。(略)

【先日見た夢】交通事故目撃など

先日見た夢です。

******

自宅で母が死ぬ。事故だか何だか。結構急だったような。
以前、通り魔みたいな暴漢に殺される夢を見たので、それよりはマシになったのだろうか。

のち、居酒屋の2階で仲間と飲み会。
さんざんよっぱらってぐでぐでする。
トイレに行きたいな…となぜか外へトイレを探しに。
外へ出ると薄曇りの昼間だったのだが、大きな交差点を渡る。その交差点の半分くらい上には、高架が交差点に沿って大きくカーブするようにかかっている。首都高のよう???

横断歩道を渡って高架を見上げたら、エイブルのロゴを書いた白いバンが、交差点の真上あたりのカーブでほかの車にぶつかった!エイブルバンと相手とどちらに手落ちがあったか忘れたが、エイブルのバンは首都高のガードを突き壊して落ちかける!危ない危ない、と思っていたが、どうにか落下せずに済んだ。

120810yume


トイレはそこから少し行ったところの病院のを使うことにした。
病院の中もしばらくうろうろ歩き、部屋の中を見たりもする。
トイレに入り、さらに個室に入って用を足そうとしたところで人が入ってきたので、なんだよ、落ち着かないなあ…と少々苦々しく思うものの、用を足す。
尾籠な話ですが、便器がかわっていて、和式で藍色ってのはいいとして、幅が5センチかそこらしかなかったのだ。ヘリも含めて10センチとちょっとしかない。なので気を遣いましたよ。



夢占い。
こんどは友人が「眠り男の夢占い」というのを探してきてくれました。

■(誰かが)死ぬ
(略)自分が死んだり、誰かが死んだり殺されたりするのは、けっして不吉な夢ではありません。
(略)こういった夢はほとんどの場合、正夢にはならないのです。



こちらは「ザウイの部屋」から。

■事故
自分に事故がふりかかるのは、良心をなだめるために夢で自分に罰を与えていると考えられます。他人に事故が起こる場合は、夢の中で無意識のうちに、その人を攻撃していると思われます。


…別にエイブルには何の恨みもないんだが…
------------
 災害の夢と同様、心配しているために見る場合もあれば、予知夢の場合もあるかもしれません。火事や事故など、人間関係のトラブルの象徴として出てくることもあります。その場合、メッセージドリームとして、自分から火種をまいてはいけませんよ、無理を押すのは事故のもとですよ、といっているのかもしれません。〈江〉

■酔っぱらい・酔っぱらう
登場人物の誰が酔っぱらっていたとしても、それはあなた自身を表わしています。面倒なことをいちいち気にしないで、自由気ままにふるまいたい、というあなたの思いを酔っぱらいの姿で表現しているのです。
------------
 酔っぱらいが出てきた夢は、対人関係のトラブルを暗示しています。あるいは、人から難しい相談を持ち込まれる可能性も。ただ、いずれの場合も誠心誠意、対応することによって、互いの関係が改善されることを示唆しています。

蝉の音がきこえる

ようやく、家でもセミの鳴き声が聞こえるようになった。
ついこの間までまったく聞かなかったので、どうしたのかと思っていた。

もしかしたら、数年前に近所の庭をつぶしてマンションを建てたので
幼虫が全滅したからとか…?
あるいは震災の影響だったりして…

なんてことを思っていたが、地面をつぶすと同時につぶされた命ってのは、
結局人間の勝手な行動なんだよな…
それから、野良猫や犬の去勢のことなぞを考えてしまった。

野良猫や犬が増えたら、まず、保健所につかまり、殺処分。
それも安楽死なんてものじゃなく、薬で苦しい死に方をするので。
だから去勢をして増えないように、とやさしさから慈善行為をする団体もある。

動物の去勢には即反対はできないのだけど、
一方で、人工授精のように、いろんな理由でいろんな動物が…人間も含めて…
人の手の内で命を作り出していて。

それだって、人間の勝手なんだよな。

人間の都合で減らしたり増やしたり。
調和って何だろう…と。

あるいは去勢や人工授精も、調和の手段だろうか?
いや、これは調整だと思うんだけどな…


そんなことを考えながら、蝉の音が戻ってきて
ようやく夏の準備が済んだような
ほっとした気持ちでいる。

ミャンマーの恐い話とは

夏だし…

ミャンマーの怖い話にはどんなものがあるだろう、
と、さっそく周りのミャンマー人に聞いてみたが、…どうも、いつにも増して、
想定通りの答えが返ってこない。

返ってくる答えは、
「たくさんあるよ!」とか
「そういう話はないよ!」とか、
「うその話ばっかり、ミャンマー人はそういうの大好き」とか
「本当の話もあるよ」とか…。

果ては「仏教ではね、死んだ人の魂は…」と講話が始まったり、
「飛行機に乗ったら法外で理不尽な金を要求された」といった、
怖さのジャンルが違う話もありといった具合で、
日本語力に関係なくそんな答えばかりなのである。

私が聞きたかったのは、小泉八雲の「怪談」にあるような話や、
番長皿屋敷や四谷怪談、鍋島の化け猫のような類の話だったのだけど…
一つもそんな話がないのか?まさかぁ…

なので、とくにミャンマー人に知遇の多い人にきいてみてもらったが
それでも聞かされたのは、「本当にあった怖い話」という本に掲載されていたり
夏にタレントが語っていそうな、実体験か、それに噂の尾ひれをつけたような話だった。

ミャンマーには、ストーリー性のある怪談がないのだろう。
いやむしろ、耳なし芳一やのっぺらぼう、番町皿屋敷といった話が
これだけまとまっているほうが珍しいのだろうか?だとしたら、
小泉八雲が日本の伝承話に興味をそそられたのも無理はないかなあ。

といっても、ミャンマーに民間伝承の話がないわけではない、
笑い話やことわざの話などはたくさんあるのである。
とすると、これは国民性の違いか何かか?

などと思っていたら、しばらくのち、ある人から、
ミャンマー人から聞いたという怪談をいくつか聞いた。
それは、飲み残しの牛乳を飲んだり、人を脅かしたり死に至らしめたりするもののけの話。
なんだ、ミャンマーにもこの手の怪談があるじゃないの。妖怪もいるし。

しかしそういえば、この間恐い話の聞き込みを
日本語教室の初級クラスでしていた時、
女生徒さんが一人、私の話の中で分らない言葉が出てくるたびに、
もっと日本語ができるクラスメイトに
「ハナシ」って何?とか、「コワイ」って何?などと
訳してもらっていました。

それから私はみんなに「むじな」を話して聞かせたのだけど、
それを聞いたその女生徒さんが、何かに気付いたかのように
「アンオーゼヤカゥンデ」って何?とクラスメイトに尋ねていました。
「アンオーゼヤカゥンデ」は「驚く」という意味です。

つまり、「むじな」のような話は「怖い、恐ろしい」というより
「驚くべき」というとらえ方をするのか、とこちらも気付いた次第。
そうだよね、「怪談」だって、「怪しいおかしな話」であって
「恐い話、幽霊の話」とではありませんからね…

また、違う言語においては、言葉一つでも
広い意味の幅は同一ではないとは思うので、
突っ込んで調べたらもっと解釈の違いが出て来て面白いかもしれない。
どなたか研究してみてください。

私もはじめから「驚くような話はあるか」ときいたら、
小泉八雲のような話がでてきたのかも?と思います。
同じく、「むじな」の話をミャンマー人にした人に聞いたら、
「そう言われればみんなの反応は、怖さよりも
展開の意外性に驚いたようだった」とのことでした。

逆に、ミャンマー人から「日本の恐い話はどんなものがありますか」と聞かれて、
それが小泉八雲の怪談のような類ではない、
実際にあった(かもしれない)幽霊譚だとしたら、
私が聞き込みをした人たちと同じように、困惑して、
「ある」とか「ない」とか言うかもしれない。
そして稲川淳二と青山墓地が真っ先に思い浮かぶだろうな。

にほんブログ村 外国語ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 日本での国際生活へ
にほんブログ村

テーマ : ミャンマー - ジャンル : 海外情報

ブログ日記の更新

ここ3週間ほどか、ブログの日記を更新しておらず。
実は途中から、このような「出来事記録形式」をやめようかな…と思い始めていた。

メンドウ、というのがないでもないけど(笑)
それでも続けていたのは、1日1つ文というか記事を書くことで
書く力を維持するため…だったが、
別にまとまった構成の文章でもないし
だいいち、ここ2ヶ月ほどは、1,2週間分をまとめて書くといったありさまだったので

また、出来事を記録するなら、すでにとっくに
ツィッターがその役割を果たしているので
それなら…という気になったのだ。
(ツィッターをまとめてブログに反映、とも考えたけど、それもまあ…別かな、と)

実はたまに、昔「何があったっけ?」と過去の出来事を自分で調べるのに
ちょっと役に立つな、と思ったことはあったのだけど
それは紙の日記で書けばいいことだよな、とも。
そのほうが、誰にも見せない分、何でも書けるからねー
(もちろん、このブログには出来事全てを書いているわけじゃないし、
ウソこそ書いていないものの、かなりぼやかしています。
言うまでもないだろうけど…一応)

というわけで、「毎日の出来事日記」はやめて、
なるべく、考えたこと、着物、ミャンマーのことなど
テーマに絞ったものをきちんとあげていこうと思います。
本当はこのやり方は私にとってはより手間なのだけど…がんばりますよ。

今後ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m
カテゴリー
最近の記事
過去ログ v Co リバース
過去記事はこちらから検索してください

Plug-in byまる。hi

ブログ内検索
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。