スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090928月

週明け、そしてだるい。

スイカを家に忘れてきてしまいました。おお。
バスの中はやたらと空いていました。

仕事は順調だけどそれなりに疲れる。

帰りは歩いていこうかな、と思ったのだけど、思い立ってハーブ屋でお香を買い、ひとつ先のバス停まで歩く。
ツタヤにCDを返却、帰ってみたらゴハンがたかれており、ホッとして横になってしまう。
と、ツタヤからCDの中身がないと連絡。
また外に出て、ウォーキングのつもり。ご近所を少しだけ遠回りしてみる。高級住宅を横目に。

そしてサルさんから指令のTV番組録画をする。
たまにはいいわね。

エクササイズはできずに終了。

なかなか寝付かれず。
スポンサーサイト

格とTPO

着物初心者がわからないことのひとつとして、「どういうときに何を着ていけばいいか」ということではないでしょうか。
着物の素材や格、帯の種類と結び方、小物の種類や格によって、どういうときに着ていくべきか、着てもいいか、着てはいけないか…

はっきりわかれているのは「格式」というもので、これはすべきこととしてはいけないことがはっきりしているので、割合理解しやすいと思います。
だが普段用に近いもので境界線上にあるものや、そのときの状況や小物などによって違ってくる、なんていわれるとたいへん。
しかも、その線引きが人によって違っていたりするとお手上げ。あらゆるネットや本をみても、バラバラで、調べてみてかえって混乱したことも度々でした。

しかし着物を着始めて2、3ヶ月ほどたって、だんだんと細かなTPOの別がわかるようになってきたのです。

これ、洋服と同じなのです!

続きを読む »

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

090927日

起きづらかったが、あれこれして出かける。

授業は結構楽しく進んだように思います。
歌を使ったからかな。「紅葉」と「赤とんぼ」。
私も事前に下調べをしましたが、勉強になりましたし、日本の叙情曲っていいなと改めて思いました。

授業のあとはさっさと帰り、駅前でサルさんと落ち合う。
そのまま、家に最も近いスーパーを教えてもらう。
「あんた知らなかったの?」とやたらと勝ち誇られる…

帰る途中の電気屋のテレビの前に、人だかり。
朝青龍、優勝でございます。

帰って片付け、着物の半衿を解いて洗ったり。

サルさん、ようやく重い腰をあげてチンバゥンユェジョーを作ってくれる。
テレビやDVDなどナントナク見ながら、なんとなく就寝。

090926土

起きてダラダラと掃除と洗濯など。
やりだすと結構はかどるのだが。疲れるのが早い~
グッタリ。

初めて妊娠検査薬を使ってみる。
それまで「ドウシヨ~」などと思っていたのにいざ陰性となるとちょっとさびしく思ったり。

半襟などつけたり袖を直したり。

夕方、西荻にいこうとしたら、ああ、カギがない!
もしや会社に置きっぱなし?
というわけでサルさんのを借りて合鍵を作った。

帰りに買い物など。

夜は「プロジェクトA」の続きなどを見る。

美輪様の音楽会にいったよ!

いつもの日記のほうに書き始めたら、思いのほか長くなってしまったのでこちらのほうに分けて書くことにしました。
お暇なら読んでね♪


実は、今回音楽会への事前の思い入れなどはかなり薄くて、忘れやしないかと思っていたくらいだった。ボケッとしているとでもいうのだろうか、数日前戦車ツマさんに、当日の待ち合わせについて打診されてはっとしたくらい。

ともあれ、会場で戦車ツマさんと合流しました。

続きを読む »

090925金

仕事、順調に行きました。と、思います。

退社後は、戦車ツマさんと美輪明宏音楽会へ行きました。

その後は戦車ツマさんと即飲みする。
お付き合いくださりありがとうございました。
海ぶどうも、ありがとうございました。ミミガーも。

中野に帰って、酔いグセの一つとしてツタヤとコンビニにより、さらに家で飲んでしまう。
海ぶどうとミミガーはすぐにたいらげてしまいました。

長襦袢の袖を直す

先日リサイクル着物の店で、数百円で長じゅばんを買ってきました。
本当に古いもので、生地も薄くなってしまっており、裾の後は黒ずんでいる。それに後で見たらポツポツとところどころに小さな穴が開いていたのだけど、まあ、いいでしょう。

これ、対丈で着る単専用の襦袢にしようと思っているのだ。
古いなら、どう作り変えても惜しくないし。

というわけで、裁縫にまるで興味のない私が、適当に…ほかの縫い目を見ながら、どうにかこうにか袖丈をつめたのでした。
縫い目はバラバラで汚いが、いいのだ。
見えるとこじゃないし、気取らない普段着だから、いいのだ。

で、さっそく襦袢とその単を合わせて着てみたら、裄も短かった。
なのでまたちくちく針仕事の続き。

そうして完成したときは、素直にうれしかったです。大変だけど達成感があり。


いやー、裁縫って下手なゲームより脳トレになっていいですワ。アハハ。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

今朝見た夢

昨日の夢は、実に象徴的でした。
ゆうべは美輪明宏さまのコンサートへ行って、浄化されたような気持ちになりましたのでね。

今朝の夢は、もうすでにほとんど記憶がないのですが、
「ロシアへ留学した」という話であることは覚えております。

ツンドラのような茫漠としたところを歩いたり…そこは誰かの土地で、家畜を飼っていたりしていたような。

また、古くて薄暗い校舎では、同級生とおぼしき男性と中を歩きまわったり。

異国情緒あふれる夢だったのだけどな。

テーマ : 夢日記 - ジャンル : 心と身体

今朝見た夢

2場面くらい見たのを覚えています。
先に見たほうの場面も面白かったのですが、こちらは目覚めてからすぐ覚えているようにしようと努力したのに、すぐ忘れてしまいました。
ですので2番目の場面の夢についてのお話。

*****

私は神社に来ている。
なぜかどこの神社かなんて知らないが、とにかく神社なのだ。
曇天で薄暗い。
一度境内に入る。(ならば鳥居をくぐったはずだがその覚えはない。今考えてみるとお寺のような肝。でも夢の中では神社だと思っていた)
そこからは敷石が先の建物まで続いており、敷石の両側には青々とした葉を茂らせた木が並んでいる。

続きを読む »

テーマ : 夢日記 - ジャンル : 心と身体

オニューのいい帯

先日、美術展と映画にいくのに、藤色の単を出しました。
ポリプレタとはいえ新品で、色も淡くて鮮やかなので、見るとうっとりしてしまう。

そこで!
この間、某着物専門店の移転セールで買った帯をおろすことにしました。
元値が12000円を5000円で買ったものです。これ、私にしては奮発したんですわ。

で、改めて手にとって見ると…やっぱりいい品だよなあ、ということは私の目にもわかりました。
藤色のポリプレタと比べてみると、やはり違いがわかってしまいます。
が、色がとても合っているのでお似合いはお似合いです(着物と帯がですよ)。

いよいよ着付け。お太鼓は1月ぶりなので締め方を忘れてしまい、本を見ながら。

続きを読む »

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

090924木

連休明けです。
連休中は首・肩の凝りなんかはほとんど感じなかったのに、昼ごろまでにあっという間にガチガチになっていきました。
そこは日光で解消せんとす。昼は外で食べました。
やはり日の光を浴びるといいなあ。
ら、次第にラクになっていきました…が、昼過ぎから今度は胸と胃がムカムカしてきたんでした。

帰りは新宿まで行き買い物、デパートなどもいく。
地元商店街でもさらに買い物。
すっかりおなかがすいて疲れて帰宅。
ようやく夕食をとって、片づけをして。

で、今日しようと思っていた着物のほつれ直しと袖丈直しをするころには少し遅くなっており。
しかも袖丈直しはうまくいかず撃沈。
11時を回っていたけど、ドライコースで音も少なめだからと、思い切って着物も襦袢も洗濯機で洗ってしまいました。

サルさん帰宅。
ものすごく疲れていた。新しい職場だからか?

吉方位を見てみよう

最近わたしが気になっているのが気学・方位学。
あるサイトにて、毎日の自分の吉方位がわかるブログパーツをみつけたので貼っておきます。

ブログパーツを貼るのも初めてなんですが、このパーツのデザインがきれいで気に入ったのと、このサイトもとても好感が持てたので貼ることにしました。

開運の方位学 Nine Star Ki Astrology
http://www.houigaku.net/index.html


=*= 使い方について =*=
自分の本命星のボールをクリックすると、その日の相性が表示されます。
さらに吉方位やラッキーナンバーなど詳しい運勢を見るには、「Your Birthday」から生年月日を入力してください。

テーマ : 占い - ジャンル : 趣味・実用

090923水

8時か8時半ごろ起きる。
洗濯などもす。

サルさんに朝食を食べさせ、せきたてながら。
さすがにイライラしている私。

グダグダしながらも、大そうじは続くよ。
昔の写真を見て涙ぐんだり、絵を見て照れたり。

昼を過ぎて、ようやく出かけ、図書館へいってシマチュウで衣装ケースを買う。
帰って昼食、衣装ケースに着物を収納。
そして片づけをしていよいよ着物を着る。
が、予定より時間がかかってしまい、サルさんから電話後、美術館へ行くのは取りやめにする。

ひとまず品川へ行き、ひまつぶし。エキュートに初めていく。かなり楽しめました…
面白いかたちのペットボトルを買い、ドーナツなど食す。

人身事故のため、サルさん遅れて到着、急いで劇場へ。

「カムイ外伝」、なかなか面白かったです。
ロケは沖縄だというのはかなり前から知っていたのですが、水族館から流れてくるらしいサカナ臭のため、さらに海辺の雰囲気を楽しむことができました。

そのあと練馬に越したというLさん宅へ。
子どもたちと話したりして。

帰宅は11時。

ようやく寝る。

090922火

朝は寝坊しサルさんを見送れませんでした。

音楽データの保存などガシガシ行う。
で、掃除などしたけれど…昨日と同じくやや曇りがちの天気なので、いまひとつやる気が出ない。

昨日のように、暗くなってから出かけるのではなく明るいうちに外に出なければ…と思いつつ。

そのうち地味な作業に煮詰まって疲れてうだっていたら、サルさんから電話。
マレーシアに持っていってもらう荷物を朝忘れたので…という。
友達のAさんと一緒とのことで、結局私も駅まで行き、途中で二人と合流。
すぐ荷物だけ渡して…二人はヨソへ出かけると言うので、私は帰るのもつまらず、思い立って阿佐ヶ谷にいくことにした。
日本語教室の講師仲間にいい店があると聞いていたのである。
パールセンターをずっと南下。
と、いつも行く店をちょっといったところにも着物関連の店が。行き付けより先に行くことなんてないからなあ、わー、盲点!
入ってみると、ネットで地図を見たところ高いのかと思っていたら、案外お手ごろ。小物なんかはここで買えばいいんじゃない!やったね!

幸先のいい散策。
途中、色んな店先を見るもたのし。

そしてしばらく歩いたところで目的の店を見つける。二軒ともちょうどいい感じのオミセで、今回は下見だったが次回は着物着用で買いにこようと思いました。
二軒目をちょっといくと商店街が区切れるが、そこで引き返す。
で、一軒目にあったワゴンの長襦袢たちをもう一度見て、やはり一枚買うことにする。欲しかったのはちょっと予算オーバーだったので買わなかったのですが…

商店街散策、行きが下見なら帰りは買いである。
その後も秋の花束やら沖縄野菜やら、あれこれ買う。
と、ある店でのレジの人の対応で一気にムカッとする。なんでこちらの出方をヘンにとって、嫌な対応をするのか?最近、というかここ数年だがそういう人が増えている気がする。

仕切りなおしに、サンマルでお茶とケーキ。
そしてメールなども。

帰ってまたガラスの急須なども買ってしまい。結局あれこれ買ってしまったのでした。
金ないっつーに。どうしたんでしょう、私。

でもエクササイズもしたしなあ。

サルさん帰宅後、オリオンビールやワインを飲みつつ「許されざる者」をみる。
今回はサルさんがすぐ撃沈していましたが。

090914月

朝早めに起きて、サルさんを見送る。
サルさんも早く起きたらしい。
やはり緊張と不安があるのだろう。

昨日一昨日とはうってかわって曇り空なので、あまり外に出る気がせず。
明るいうちに外に出ようかと思ったが、結局6時過ぎ、暗くなってから買い物に出かけた。

重い物をたくさん買って帰宅。
しかし、さすがにヤバイかな、とエクササイズもする。

そして飲んだりもする。
「ミスティック・リバー」の続きと「許されざる者」を途中まで見て沈没。

090913日

朝起きてツタヤまでCDを返しに行く。
帰りにお参りし、コンビニで買い物。

暑くていい天気である。
近所ではお祭りがおこなわれる。

掃除、洗濯などをたくさんする。

昼ごろ、秋葉原の教室へ行って話など。
そののちUさんと途中まで帰る。

図書館へ行って本をようやく返す。
シマチュウで食器棚…それも、2,3年ほど前からほしいほしいと言ってはあきらめ、昨日もサルさんに言ったらこれいじょう物を増やすなと反対された…しかしその食器棚を買ってしまう。
念のため、この食器棚は二人暮らしなら妥当な大きさだと思う。

重いのを持って帰って組み立て、据え付けそしてまた掃除。
なんだか気持ちいいなあ!
少し、少しずつではあるけれど、垢が取れていく気がする。

サルさんから電話、仕事について転機というか、変換。
二人で夕食をとる。
お祝いと健闘を祈る乾杯をする。

オーラの泉のDVDを見る。
あーあ、終わってしまったのね。

090912土

連休初日。

昼間はあれこれしながら「オーストラリア」をみて。

夕方になって、サルさんと西荻窪へ行く。
おばちゃんと2人タッグを組んで、なぜか私が説教されました…とほほ。

しかしサルさん、そのあと友人宅へ行って結局お泊まりしてきました。

私はしっかり晩酌、いつのまにか寝てしまう。

090315に見た夢 その2

と、主人公が変わって、画面もアニメ映画っぽい主人公になりました。
色白面長で髪は紺色おさげ、ヨーロッパ風制服の真面目だけどいざというときには行動的な女の子。
背景はスタジアムからうってかわって、アジアの馬小屋のようなの小屋らしきところに変化しました!
そこへいきなりアジア人風の少女兵士が眼前に現れ、マシンガンをこちらに向けて発砲!
ついでに、ロケット弾を「ポンッ」こちらの生徒たちに向けてきた。

主人公の女の子はいち早く危険を察知し「どうしようどうしよう、なんとかしなくちゃ!」といって、「みんな伏せて!」なんて言っているんだが、そうこうしている間に人々はパタパタ死んでいく。

どうやってかその女の子はその場を抜けて、柵の脇をすり抜け馬車のある馬小屋へ。その中にあった小さな一人乗りらしき馬車の中に飛び込む。
と、ちょうどそのとき馬小屋の中に悪者が!女の子が飛び込んだ馬車の隣には豪華な小さな馬車があったのだが、その中にも同じ制服を着た、何も事情を知らない女の子がいたのだ。彼女は「なにがあったのかしら?」と顔を出したものだからさあたいへん、襲われて殺されてしまう。主人公の女の子と間違えられたのか?女の子はひたすらそのままかくれている。

続きを読む »

テーマ : 夢日記 - ジャンル : 心と身体

090315に見た夢 その1

場所は打ちっぱなしの汚らしいコンクリの壁と床の建物。しかもその壁も床も湿っており、もとは白いとは思えないほど薄汚い黄土色で、こすったような黒いヨゴレがたくさんついているのだった。イメージとしては鉄筋コンクリの長屋といったところだろうか。
しかしそこに私と家族(夢の中の)は住んでいる。
その建物は団地のようなつくりだが、廊下とその両脇に部屋のスペースがあり、廊下と部屋の間の壁は、ないのである。部屋の間の壁も、世帯ごとに壁が仕切られてはいるけど、その中に壁はほとんどない。
広さは3部屋分はありそうで、広くはあるのだけど。

090315-4

カットはトイレから見た位置。真ん中に廊下がありその反対側に別の世帯の部屋があります。ほんとに丸見え。左上の水色部分が、壁を半壊したかのような窓(のようなスペース)、緑色部分にスタジアムが見えています。

続きを読む »

テーマ : 夢日記 - ジャンル : 心と身体

両面テープの失敗

この間、初めての半衿つけ…ただし両面テープで…を試みてうまくいったので、つい先日2度目の半衿つけをしました。
今度はバイアス半衿ではなく、バーゲンで買ったオシャレ半衿です。
モミジ柄がプリントされており、素材は化繊のようですが(「のよう」などといって断言しないところがキモノ初心者の証し)、ところどころモミジの輪郭に金糸がぬいこまれているようでした。

今回はさすがに、そのモミジの輪郭は避けてテープを貼っていきました。
また前回、テープをはがす手間が面倒だったので、中央以外はかなりざっくりと貼っていきます。
半衿つけをつけるときは、はじめにアイロンで折り目をつけよともいわれますが、この半衿は手アイロンで十分。
そして前回より要領よく付けることができました!嬉しい!

このとき着た単の柄、こちらは白地に薄いモミジが全体に舞っており、半衿も秋らしい色合いのモミジたち。
いいな、いいな、季節ものっていいな。
機嫌よくお出かけしてきました。

そして帰ってきたらさあ片付け!

続きを読む »

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

090911金

辛かったー 首と肩…

えらいことでした。

食器棚情報をチラシでチェック。

帰りは大久保に寄ってカテキョウ先のお母さんと待ち合わせて本の受け渡し。

で、帰宅してあれこれ。

しばらくしてから外に出て、ツタヤに行ったり買い物したり。

やっぱり疲れた…

夜はサルさんと映画を見る。
「殺しのドレス」。
あらすじはネタバレまで知っていたのだが、想像していたのと違うなあ、テイストが…
まあ、いいか…

それが終わったあと、サルさんがTVで「燃えよドラゴン」をやっているというので、もう3時を過ぎていたというのについつい見てしまった。
武道大会でアネの敵をうつ場面から。

いやー、ブルースリーってすごい。まさに「脱いだらすごいんです」、だなあ。
(すごいと思ったのは体だけじゃないけど)
あちゅあぁああー!ほぁとぁあああー!!ひやぁあ@*#◆ーーー!!!

警告の受信

この夏、というより実際はそれ以前からだが、インフルエンザがはやっており。
秋口に入り、ますますひどくなっているようである。

それで「夏なのにインフルがはやるなんておかしい、異常だ」という話が聞かれ、本当にそうだと思った。


でも…その前に、それより何年も前から…
夏だというのに長袖、冷え性、ブルブル震えるなんていう状況がそこかしこにあったではないですか。
冷房の効かせ過ぎというヤツで。


それはおかしくはないのでしょうか、異常ではないのでしょうか。

エコだの節約だのというのではなく、何かおかしいと感じた人は、いないのですか。


まさか「冷房の聞かせすぎがインフルの原因」なんて思ってないし、私がそう思っていると思う人はいないと思うけれども…


去年のゲリラ豪雨をみて、私は、あれは人間への警告なのではと思ったのだ。
今年のインフルも、その類ではないだろうかと心配している。

人間は、そのことに気づかなければならないのではないだろうか。

090917木

うーん、起き抜けは前の日よりはマシ、かなあ…
入浴剤がきいたのだろうか。

しかし仕事をするにつれ、どんどん首と肩がこっていき、それに追いつくようにストレッチするのだが、それがたいへん。

昼休みは銀行に行き、外で食事しようかと思ったけどやめて、ちょっと散歩。
初めて屋上の庭へいってみる。
なんてことのない広場で、ここで食事もできないのでただ小道を一回りしただけである。
しかしさすがに草の香りがそこはかとなく漂ってき、心の奥が充電された感じ。

施設の資料館も見つけたので、覗いてみる。
受付の人にあれこれと親切に教えてもらう。
正直、ゆっくり来る時間はなさそうだけど…まあ、暇を見つけて来てみましょう。

…なんだかほんとに、前の職場と状況がかぶってきた。あああああ。

エクセルシオールで昼。

夕方、カテキョウ先のお母さんに会おうかと電話したら、用事があるため明日に。
で、バスでそのまま駅まで。
で、買い物。

メモ片手にあれこれ買う。
靴も、秋冬のがなかったので、予定外だったけど買ってしまう。

で、激安ジュースを発見。
荷物は重いが、別の日に出直す方がよほどツラいので、頑張って買ってしまう。

両手の荷物は重いが、そうそう、こうしてガシガシ買い物などして動くのがわたしだよ!
帰ってから勢いでおかずを作ったり掃除をしたり、あれこれ。
エクササイズも少し。
入浴、ボディケアもできた。

寝入りばな、サルさんにまたQPを与えてもらう。
私は正直、効いているかどうかわからないので別にいらないといったのだが、目を使うのだから飲んだ方がいいなどといわれ、やっぱり飲まされる。
一度飲まないで寝てみて、効果のほどを知りたいのだが。

お手手つないで

サルさんがした話。
「こないださあ、オレとAさんが、外を歩いてたんだよ。」
Aさんは最近よくサルさんとつるんで遊んでいるミャンマー人で、同じく日本人女性と結婚している。
「秋葉原だったか新宿だったか忘れたけど、オレたちはこう普通に手をつないで歩いてただよ。」
そう、ミャンマーでは成人男子でも友人同士、仲良く手をつなぐことはごく当たり前のことなのだ。

「そしたらさ、そこを通ってた50代くらいの日本人の男と女が、びっくりして振り返ってオレたちのほうを見ただよ!」
と、サルさんは可笑しそうに話し、目をひん剥いてみせた。「こう、何度も何度も見ただよ!」

仲良く友人同士「手をつないで」連れ立って歩くミャンマー男が二人、それを驚愕の表情で何度も振り返って見る日本人男女2人…
いやあ、そのときの光景が眼に浮かぶようでなんとも可笑しい。

私はそのへんはもうわかっているので、ただアハハと笑いながら聞いていると、サルさんも「ね、あんたたち日本人にとってはすごくヘンに思えるみたいだけど、オレたちにとってはこれは普通だよ。」といった。


そういえば以前、ミャンマーのサルさんの親戚宅へ行ったとき、そこで親戚のいとこの男同士3人(20~30代)が昼寝をしているところを見た。それが、3人は部屋の隅に寄せ集まってまるで子犬のように重なり合って寝ていたのである。
私はそのとき「外国にいる」という意識がはっきりしていたせいか、何の違和感も覚えなかった。
が、あとになって、あれは日本人から見るとずいぶんアヤシイ体勢だったなあ、と思い出したのだった。


かくいう私もそこそこミャンマライズされてきているので、たまにではあるが、ミャンマー女性の友人や知人の腕をとって組んで歩いたり、なんていうことも自然にすることがある。
もちろん、別に「そうしよう」と思ってするのではなく、友人としてそういう仕草をしてしまうんである。

しかし、日本人女性相手だったらゼッタイゼッタイこんなことしないもんねえ。おぞぞ。
日本人でも男性なら、って? もし誰かと何か腕を組むことがあったとしても、「おぞぞ」とはならないなあ。
よほど相手が嫌なヤツであってもそれは単なる嫌悪を感じるのであって、女性と腕を組むとしたらそれとは異なる類の違和感を覚えることだろう。どっちにしろサルさんは怒るかも知れないが。

テーマ : 語学・国際交流 - ジャンル : 学問・文化・芸術

このコーナーのジャンル

今になってようやく、ブログの各記事のジャンルとテーマをつけているところなのですが…
この「ミャンマーミャンマーミャンマー」のジャンルはちょっと迷いましたねえ。
「ジャンル」は「海外情報」か?といえば、そうではないし。ミャンマーにあってミャンマーのことを書くわけではありませんのでねえ…
いうなればここで書いているのは「異文化」なんですが、じゃあ「学問・文化・芸術」かといえば、うーん、それもズレている気がするが…と思ってこちらのジャンルからテーマを探すと、「語学・国際交流」というのがありました。
…「語学・国際交流」、ねえ…。「国際交流」といえば当たらずとも遠からず、しかし「語学」までくっつくと、意味が違ってくるんだよねえ…「役に立たない日本語講座」のほうがよほどそれにふさわしい気がするなあ…。
と思いつつ、とりあえずこちらのジャンルとテーマに入れておくことにしました。

新しいジャンルとテーマをつければいいのかもしれませんが、もし既存のでいいのがありましたら教えてください。




テーマ : 語学・国際交流 - ジャンル : 学問・文化・芸術

090916水

ゆうべサルさんがまたQPを与えてくれたのだが…また起き抜けにガチガチとした疲れが残っており。
うーん、どうしたんでしょう。
しかしゆうべやってみたモムチャンダイエットの肩の筋トレはきいた。あれで肩こりが良くなったように思う。今後はときどきやろう。

ともあれ出勤。

メールの返事を待っている。いい返事があればいいが…
と、別の人からいい返事有り。よかったんだけど、さ。

昼は書類を書いたり証明写真を撮ったり。
1回撮り直したら、さっきのほうがずっと良かった。
というより、「私だったら採用しねえ」といった写真になってしまった。
ので、結局近所の店舗で人に撮ってもらう。

なんだろう…数年前の写真よりマシなような気もするし、悪くなってるような気もするし。
今度ミクシィに並べて貼ってみようかしらー 最近自動車免許の更新のときに写真を貼るのが巷ではやってるらしいしー

郵便局で書類を提出し、ほっとする。
ダメかなあ。大丈夫だといいなあ。でもダメかなあ。
果報は寝て待て。

しかし仕事中は疲れていて仕方なかった。
これまで「眠くて眠くて倒れそう、いやいっそ倒れたい」と思ったことはあったが、「疲れて疲れて倒れそう」と思ったのは初めてだった(たぶん)。

これまでの疲れの総決算といったかたちで、帰りのバスでも座りながら、眠るように壁にもたれてました。(疲れすぎてて眠れなかったのです)
よりによって今日はカテキョウなのに。
そこで、夕食はコンビニで買って、帰宅し1時間寝てみてその後の様子で判断することに。

ら、1時間経ってもさらに30分たってもグッタリでした。
ちょっと驚いたのが、横になってすぐ、かなりの耳鳴りがしていたことでした。うーん、なんだろね。
お母さんにキャンセルの電話をすると、私のヘロヘロ声で様子を察してもらえました。

その後しばらくグタグタと休んでから起きだし、洗濯物を片付けて夕食をとって。
ポストに婦人科がん検診のクーポンなどが入っていたが、いくつか思うこと有り。

その後もまたさらに寝転がり、本やDVDをみたり。
本当はエクササイズをしたかったのだが…「休んだ方がいい」というより「休むっきゃない」という感じで。
でもって観念して風呂に入ることにする。
久しぶりに早めに入ったおかげで、サル帰宅前にほとんどボディケアができたのはよかった。
ええ、そんなに疲れているのにボディケアかいな、と思われるかもしれないが、結局私は何かしていないとだめなんだろう。
…の割には体力も根性もないけど。

でもって、サルと険悪になったり仲直りらしくしたり。

また寝る前にQPを与えてもらう。
これを飲んだからって改善されてる気がしないのだが、飲まなかったらさらにとんでもなく疲れちゃうんだろうか?


それにしてもこんなに疲れるなんて、いったいどうしちゃったんでしょう、私。

【カテキョー】本日お休み

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

メ・イ・ワ・ク

少し前の話なんですが。
小さなスーパーにいったところ、同じく店内に親子連れの客がいました。

連れている男の子は小学1,2年といったところでしょうか。
何をしていたのか忘れましたが、風船だか何かのオモチャでバンバンと大きめの音を出しています。
耳をふさぐほど不愉快な大きさの音ではないのですが、明らかにこの店内においては目立っていました。

しかし私が気になったのは音ではなくて、男の子が言っていたセリフ。
「ねー、迷惑ー?これって迷惑ー?」
と、お母さんに向けて言っているのです。

お母さんはもう相手にするのが疲れてしまい、あしらうのすらしんどいといった様子。
コドモをほとんど無視したように店内を歩いて周り、男の子はその後をついていきながら、
「ねー、これって迷惑ー?」
バンバン
「めいわくー?」
バンバンバン

男の子は悪ふざけしているわけではなく、単にお母さんにふり向いて欲しいだけのようでした。

そしてその男の子は普段から「迷惑でしょう!」といって叱られているものと思われました。
なぜなら、その男の子の言い方から察するに、「迷惑」の意味をわかっているように感じられなかったから…
お母さんが子どもをたしなめるときの「呪文」として、男の子の頭に植えつけられているようだったから…
だから、その男の子は、バンバン音を出して「めいわくー?」と、まったく悪びれずにお母さんにたずねていたのです。

そう考えると男の子の境遇(というと大げさですが)が少しかわいそうになるとともに、こうして本当の「迷惑」とはどういうことか、というマナーが身につかないでいってしまうのかなあ、他にもこういう人ってたくさんいるんだろうなあ…と、うんざりしてきたのでした。

よほど、
「それって迷惑というより、カッコワルイんだよーっ。」
と教えてあげようかと思ったり、ね。

両面テープで半衿を

裁縫といったらボタンつけがせいぜいの私。
このあいだも、ほつれてしまった夏着物を繕うのがどれだけしんどかったことか。
裁縫アレルギーというほどではないのですが、何より、ただ着物が着たいだけなのに、裁縫までするというのはなんだか流されているような強制されているような…。
それに、半衿はつけなければいけないものではないよなあ…?
などと思っていたので、実はこれまで半衿をつけずにいたんです!

ところがこの間、リサイクル着物屋の店長さんに「半衿は本来つけるものだ」ときき、ついに観念して半衿つけにチャレンジすることに。
もっともそのとき店長さんは、たまたま半衿をつけておられなかったようで、半衿をつけないことは右前ほどのタブーではないと見受け、安心しました。
そこでバイアス半衿を購入。おしゃれ用ではないけれど、あって困るものでなし。

しかしそこまでしても、すんなりと針を持つのは負けるようで癪に障る気がし(何に対してかは自分でもわからないが)、何か裁縫以外にもっとらくな半衿のつけかたはないものか、とネットで探してみたら、あるわあるわ。

私のように半衿つけが億劫だと言う人のあの手この手の工夫。
中にはホチキスや安全ピンを使うというツワモノもいました。
が、私がとった策はこれ、両面テープ!

続きを読む »

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

090915火

ゆうべサルさんにダビングを頼んでいたのだった。
が、夜中だったのでそのまま寝てしまった。
そして5時ごろなぜか目が醒め、一旦みてみるとまだダビングが終わっていない。
また7時ごろ目覚ましに起こされてみてみると、まだもう少し。
ギリギリになって起きて、みてみたらようやくちょうど終わったところでした。

しかし…体がまたバキバキになっている!QPも飲んだのにー
昨日エクササイズしたせいかなー エクササイズの後のストレッチを怠ったからか?

会社でPCに向かいっぱなしになると、もう、もう、だめ。
また先週のようにガチガチのバキバキになってしまったー
湯船につかるのもサボり気味なのが悪いんかいな?

昼はリコーダーのコンサートへ。
聴いて肩こりが治るわけじゃないけれど、頭と心は癒されたかもね。

そしてファーストフード店で急いでランチ。
相対したレジの子は、今日初めてお客さんを前にしたといった雰囲気の10代の男の子で、一生懸命にレジワークをしているだが、見てそれとわかるほどに緊張していた。
名札や発音、それにモノを渡すときの仕草からするに、日本に来てからそれほど経っていないような韓国人の就学生か留学生か。
レジにも日本にも慣れてないあたり、いや実に初々しいなあ、がんばってね、と心の中では眼を細めていました。
この時よほど「アニョハセヨ!」などと軽口を叩いてみたかったのだけど、レジも混んでいたし、若い男の子に粉をかけて回るエロマダムなどと思われてはたまらないので、黙っておりました。

実際、何人もの在日ミャンマー人と付き合ってきて思うことですが、来日したてのミャンマー人というのはたいていが純粋素朴そのもので、ゲーセンに連れて行ったり高層ビルに連れて行ったりなどすると、ちょっとしたことでキャアキャアと歓声をあげてはしゃいでくれるので、エスコートする方もほほえましく心が温かくなったりするのです。
そのレジの韓国人の男の子に、その初々しさを見てなんだか微笑ましくなったのですね。

しかし一方、在日年数が長く、ジャパナイズされて日本語会話もペラペラで、バリバリ働き趣味もバリバリなんていうミャンマー人…サルさんもその中に入るかもしれないが…などは、下手すると私よりも日本のニュースや文化に詳しかったりする(私がモノを知らないだけかもしれないが)。
さらに、もともとジョークやユーモアがお家芸であるかのような国民性ということもあり、おしゃべりの応酬をしていて(当然日本語で)、ちょっと油断などするとたちまちこちらがやり返されてしまうので、日本に慣れ親しんでくれているのが嬉しい反面、負けず嫌いな私としては内心「チクショウかわいくねぇな」などと思うこともある。

退社後、直ぐに帰宅。
少しぐったりして、夕食、エクササイズなどなど。
日曜日の新聞をようやく読み、広告などに目を通す。
と、目ぼしい情報発見!ワクワクドキドキソワソワする。
だめかもしれないけれど。でもやってみよう。

一方、サルさんに頼んでいたものができていたりなかったり。
サルさん帰宅後、さらにもう一件、お願いしていたお使いができていたけど違うこともしてもらってたり。
ああ…
「人は自分の思うようには動かない!」
そんなことを呪文のようにしなきゃいけないことですか?これは。

なんだかいろんなことが噴出してきて、疲れてる…サルさんもそうだろうから、私は力を振り絞って(というほどパワーは枯渇なんかしてませんけど)フォローする。
カテゴリー
最近の記事
過去ログ v Co リバース
過去記事はこちらから検索してください

Plug-in byまる。hi

ブログ内検索
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。