スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090629月

週があけて月末目前になって、いよいよ仕事を片付けないといけない!
もちろん家の自分の仕事ですが…

昼休みは天気がよかったので外で食べてみる。
初めてのベンチで食べるが、すずめが寄ってきたのでパンくずをやってたのしむ。

午後だか夕方に不穏な感じ。
こういうの、どうにかならないかなー ずっとそういうのが嫌で避けてきたのに巻き込まれて。
つまらん情けをかけたのが間違いだった?引き際って肝心ですね。

と、夕方西荻から電話。
ちょっとした用事があったからだけど、ついでに訓戒をいただく。しかも今の私にまさに的確な。
さすがです…。

退社後に買い物。
雑貨、スーパー。

が、帰宅してそれらの片付けが進まず。
ただ、家計簿付けなどは久しぶりに前進しました。
今日のところはこれで良しとしとこうか…

ああ、あれもこれもできていない!
おかしい。
スポンサーサイト

【カテキョー番外編】学校開放にて

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

090628日

遅めに起きて…着物を着付けて出る。デビューです。

思ったより暑くない。部屋の中で着付けているときは暑かったけれども。

新宿の写真展へ。
かつての教室仲間に会い、近況など。
そして不思議なつながりも聞く!うわ~。
そしておめでたい話も。

Hちゃんと駅まで一緒に帰る。
途中雨が降り出したので、上野に行く予定をやめて、撤収することに。
着物に雨染みがつきませんように!

帰宅し着物を解いて洗濯など。
グッタリして、借りたDVDを消化などして、やっぱり寝てしまう。
何をそんなに疲れたんだか?

夕食はどうにか作れた。風呂にも入れた。
本も少しだけ読んだ。

090627土

今週は絵画教室をお休みに。

しかしサルさんと寝坊して、ダラダラとあわてて仕度し、Zくんちへ。
ミャンマーのお坊さんをお招きして礼拝らしきことをするのだとか。
ミャンマー人家庭ではしばしば行うことだが、この手の会合にお邪魔するのは久しぶりである。
ミャンマー文化に敬意を払ってミャンマーのワンセット(日本で言うところのツーピース)を着て出かけたら、お世辞だろうが褒められる。

ちょうどZくんの学校では学校開放があって、お父さんが「顔出さないとアイツうるさいから」などと嬉しそうに言うので、私とサルさんもついてゆく。

またZくん宅にもどってお坊さんを送って食事をいただき、三々五々帰る。
私は新大久保まで歩いて、日暮里まででて、Tさんと買出しデート。
さすが本職(?)なれた足取りで店をはしご。

そのあと、リサイクル着物を見たいという私のリクエストに、上野のほうが安いんだとアメ横に繰り出す。
ちょっとお店の見当は外れたが、いい店発見、長じゅばんを買ってみる。

その後お茶。
だんだん頭痛など酷くなる。
地元に戻ってたんす屋で草履を受け取り、雨コートを買う。うん、いい買い物だった!

帰宅。頭が痛くてグッタリである。なぜ?

外からサルさんを呼びつけるも体動かず、呆れたサルさんは再び外出。
ギリギリまで寝込んで、ようやく図書館へ出かけて本を借りたり返したり。

大好きな海鮮丼など買ってツタヤにも寄って帰るが、どうも心身不調。

だいぶ休んだところでようやく頭痛から解放された。

090626金

かねてより予定、母と会食。
のつもりが、待ち合わせに早く来すぎて先に食事を済ませたとか…
なのでお茶であれこれ話す。
そののち軽食。
母にはロケーションにまあ満足してもらった様でよかったが。

改めて私の肩にかかっているものを思わされる。
と、忘れかけていた私の「仕事」のひとつを思い出させられた。

帰宅。

あれこれ。

しかしまだ仕事は片付かない!

090625木

ようやく起きて出勤。
二度寝の間に、とても印象的な夢を見た。
あとでちょっと調べてみたら、すばらしい吉夢!
ほんとかよぉ。

仕事では頭を抱え。
退社後…ある邂逅でちょっとムッとする。じくじくする。
イヤな感じ。

そのあと、人形町へ着物販売へ。
買いたかったけど、予算オーバー。

気を取り直してしばし歩いて帰る。
途中ヴェローチェで想像しながら本を読む。

で、帰宅。
あれこれ。

サルさんからバッドニュース。あ、着物買わなくってよかった。

久しぶりの仲間から電話。

090624水

午前中…
雨。曇り。
一旦起きたが動けない。
ようやくゴミを捨てる。
起きて朝食をとったがすぐに寝てしまった。
動けない。

が、昼前にギリギリ起きて出かける。なんだこの疲れ。

大仕事はどうにか。しかし短気は損気だね。
いかんいかん!

不穏ではあったけど、夕方にはどうにかすっかり晴れやかになって、自己嫌悪にムカつきながらも帰宅。
あとは片付けなど。

090623火

うーん なんだか疲れている!
大仕事の前なのに。

退社後は成城石井で買い物、帰宅して軽くゴーヤチャンプルなど作って食事。

そしてグダグダ。

おいおい、しっかりしろー
でも疲れている。

【カテキョー】本日もお休み

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

090622月

朝は少し遅めに出かける。
で、少し早めに退社して病院へ。
術前診察を受けるためだ。

そう遠くないところだったハズだけど、電車の乗り継ぎがうまくなかったせいか、ドアツードアで50分はかかってしまった!
受付時間ギリギリに入って診察。

説明を受けるが、あれこれと不安。
しかも、思っていたより手術費用が高かった。うわー。
そののち30分ほど歩いて戻る。

それから西荻のきもの屋へ行くが、定休日でした。
で、モスで軽い夕食、そして読書。

で、もちなおして帰宅。

しかし最近、ほんとに家で活動できない。
あーもう、困った。何にも片付かない。

辛うじてチャングムを2話見ました。
夜更かしでした。

090621日

午前中、あれこれ。
やはり遅めに起きてしまう。

昼、授業へ。
先週も授業だった。久しぶり?の二連荘である。

帰りはどうしようかと迷ったけど一旦ライフで買い物して帰り。

しかし、これらの間に少しずつグッタリ横になって休まないとダメなんである。
困った困った。

困ったといえば洗濯物も乾かず困った。
昨日洗濯しまくっておいてよかった。

また出直してたんす屋へGO!
やはりというかなんというか、この間下見をしたキモノを買ってしまう。
そのあと、着物を買った興奮冷めやらず、本屋でヒートダウン。
着付けの本を一応買っておく。
いつか、幸田文の着物の本が読めるようになりたいな。

喫茶店で読書。

帰宅後、サルさんとゆったり。
マンゴー食べたり映画「トンマッコルへようこそ」を見たり。
戦闘シーンではしっかり残酷さが出ているのに、ハートフルストーリーなんである。
こういう、随所随所がきっちりしめられているところが、よいと思う。
生半可じゃないというか、悪い意味での甘さがなくて。
何よりサルさんがお気に召していてよかった。

夜Nさんから電話、と思いきや妹さんからだった。
なんか話し方が違うな、様子がおかしいなと思っていたが、声はそっくりそのまま。
ダマサレタ~と言ったら笑っていた。

妄想はこのごろ少し落ち着いている。
さびしいけれど。

090620土

絵画教室ののち、ドトる。
なんだか途中から、ずっとムカムカしておりアイスコーヒーが全部飲めませんでした。うーん、なんだぁ?

それから買い物。ムカムカ落ち着かず、まとめ髪はバサバサ落ちてくるし、お気に入りの香水は廃盤だし、チェックしていた下着屋は期待はずれだしでイケてませんでした。
極めつけは、行くのを迷っていた店にがんばって行ってみたら、いやな対応をされ…そのときはあまり表には出てこなかったけど、あとで思い出したら、あれはすごく失礼なことじゃないか!?といったことでした。
そのあとの最後の買い物でいい気分になったので、よかったけどっ!

歩いて帰り、洗濯その他。結局グタっとなってしまい、買い物には出られず。タロットなど広げてみる。
時間になって西荻へ。
おばちゃんにいろいろ褒められました。
わーい、わーい、うれしいな!
そののち着物屋へ彷徨。

夜になり、昼間の店員の対応の件…体のムカムカは去っていたけど、心がムカムカしました。
やっぱり書きつけなければなるまい!と、日記にそのことを書く。
おかげでどうにか軌道修正。

そのあとはさらにグダグダ。
チャングムすら見る気になれず。(また逆境シーンがあるからだが)
サルさんもいないし。
結局夜更かししてしまいました。

090619金

ドキドキ買い物に出かけようか!と思うも、店は休みとのこと。
消沈して夕食だけ買って帰る。

TVでルパンの映画みながら久しぶりにエクササイズ。
サボっていたツケをひしひしと感じる。

山田康雄いいなあ。
三波春夫と赤塚不二夫にはびっくりしましたが。

090618木

印象的な日。
友人の誕生日だからか。

うーん、たしかたんす屋に寄った気が。

かつて某デパートの着物売り場で嫌な対応をされたことがあったのだけど、さすがにここは違いました。
下見だったのだけど、もうちょっとお勉強してから出直すことに。

そして雑事。

つねったり

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

続・居るべき場所

そういえばUさんとの仕事話では、互いに就労形態についてボヘミアンらしい(といってよければ)ところがあるのでは、と認識するような話もしていたのでした。
Uさんこそ、いろんな職を渡り歩いているのです。ただし、有能だからそれができるというタイプの人。
私はもちろんそうでなく、なんだか運命に流されるままにフラフラしているクチなのですが。

さて。
数年前にも、Uさんと同じように食事しながら語った事がありました。
そのころ私は転職のあと派遣社員になったころでした。

私は当時まだ若いといわれる年齢だったので、派遣やなにかよりも正社員をネラったほうが堅実であったし、実際母は「今のうちに正社員になっといたほうがいいよ」と言いましたし、今の私が当時の私にアドバイスするなら、やはり同じ事を言ったかもしれないのです。
しかし当時の私としては、未熟なりにあれこれ考えて、考えたつもりで派遣という就労形態を選んだので、たとえ母やほかの人の意見が現実的であったとしても、それはうまくない選択だといわれると、どうにも心細く不安になり、自分が情けなくなったのです。

しかしUさんは、私が正社員にならなかったと言ったとき、少し間をおいてから「うん、でもまあ、あなたは色々とやりたいことが多いから、それでいいのかもね」といったことをいわれたので、ひじょうに嬉しかったのです(だからいまだに覚えているのかもしれませんね)。

やっぱり今でも「あのとき頑張って就職活動して正社員のキャリアを積んでおけばよかった」と思うのですが、その一方で、「やっぱり私はあれこれ色んなことをしたがるししていくタイプなので、こういう道を歩んできてよかった」とも思うのでした。


ひとつのところに深く長く根付くのでなくても、草はちゃんと生えている。

テーマ : 働くということ - ジャンル : 就職・お仕事

居るべき場所

先月、Uさんと食事しつつあれこれと話をしました。

話題は仕事観にも及んだのですが、Uさんに「ここは自分の(本来の)居場所じゃないと思っているんだね」といったことを言われました。
もう、それが正確にはどんなセリフだったかは忘れてしまったのですが、実は言われたそのときも意味がわかりかねていて、それからというものときどき思い出しては「どういう意味なのだろう」と考えてみるのでした。
(もちろん、Uさんにまた尋ねればいいことなんですけどね。少々、考えることに意義を見出しており…)

さて、その一言が出たときというのは、私が「私は仕事ができないからサ~」などブツブツ言っていたときではなかったかと思います。
別に自分を卑下するでもイジケるでもなく、本当に基本的な職務能力にやや欠けると自分で思っているのでスルっと言っただけなんですけど。(それにこういうことって、言う状況と相手にとってはやはり卑下やイジケととられるわけですが、Uさん相手だから素直にそう表現できたわけなんでしょうね)

その「私は仕事ができない」から「自分の本来の居場所じゃない」までのプロセス(記憶)をどうにかたどってみると…

 別に、私は今の職場が嫌なわけじゃない、むしろたいへん素晴らしい環境なので
 できるだけ長くいたい、追い出されるまでいたい。
 でもずっといられるわけじゃない。

ということ。それはこれまでにも考えていたことですが、それ以外のアプローチもしてみると、

 本当は他にもやりたい事がある、将来(といっていいのか?)の目標や夢がある。

ということだったのでした。

つまり、「今の職場は本来の居場所じゃない」というのは決して高飛車になって言っているわけではなくて、「いつかは離れていかなければならないであろう場所」だという意味で言ったのです。

私も…ときどきそう思ってはいたけど…人からそういう切り口で言われたのは初めてだったのでした。
さすがUさん。


なんちゃって、私の解釈が間違ってたりして。
次の機会にUさんにきいてみよう…。

テーマ : 働くということ - ジャンル : 就職・お仕事

090617水

例によってボーゼン。
が、仕事はどうにか進んでいるので、良かった…

でも、仕事って基本的にたいへんなものだよね。
がんばろう!

退社後は、ギリギリバス停に駆け込んだら、無事バスを捕まえることが出来ました!
バスの中ではグッタリほとんど寝たようになっていました。

コンビニで夕食を買って、洗濯して仮眠…したら出かける直前の時間になってしまい、そのままあわてて出かける。

家庭教師へ。
コドモがだんだん言うことをきかなくなって困る。
この性格でこの考え方で進むと、危うげだと思うんですけど。
甘えられることができちゃう環境だってことも理由としてはあるのかなー。

それはそうと、世間のみんな、ちゃんとコドモを叱ろうよ。

帰ってツタヤへいき、またチャングムを借りる。
果物屋のおじさんとおしゃべり。
今年は6月なのに涼しい!とのこと。
うーん、そういえば、そうなような?
普段は冷暖房完備の環境にいるため、わかりませんでした。

帰ってグタっとしたり。
体力ないなー、ほんと!

「いじめ役」のあはれ

ここのところずっと「チャングム」を見ているんですが…
ドラマのテーマとは別に色々と思い出したり感じたりすることもあり、なかなか充実しております。

ところで、チャングムが罠にはまったりいじめられたりしている場面などを見るとイライラするので、うんざりする。そういう意味ではあまり精神衛生上良くないんであるが…。

子どものころにも似たような事がありました。
朝学校に行く前にアニメ「小公女セーラ」の再放送が流れていたとき、家族で朝食をとりながらセーラを見るのが日課になっていました。
しかしセーラがいじめられているあたりなどは、なんだか家族は皆(特に母が)、「朝っぱらからなんだかイライラするね!」などと頭にきていたりしたのでした。

その後、物語のラストでどんでん返しがあったときなど、そのいじめ役のあまりの狼狽振りに母などは大喜びでした。
いっぽう私は、そのいじめ役の狼狽振りにある種の「人というものの哀れ」というか「人の性(さが)」を見て取ってしまい、母ほどにはスカッと喜べなかったんでした。

ちなみに、ラストのラストでいじめ役その2が見せた別れのときの笑顔。
場面は和やかだったわけですが、その顔がまたいじめ役にふさわしいというべきか、「フッ」と小憎らしく笑った皮肉っぽい顔をしていたのです。
もちろん母も私も「どう、あの顔!?」と笑っていたのですが、やっぱりちょっとカッコよく見えるのはこちらなんだなあ、と思ったり。

090616火

仕事はよい意味で気が張って、生き生きできたような。

ライフで買い物して帰る。

雑事をしながらエクササイズをしたりチャングムを見たり。
2話続けてみようとしたが、2話目を少しみて疲れて休憩。
さすがにおなか一杯。

一日じゅう、忙しくはないけどメール種々だった。

090615月

退社後。
傘もって帰ろうか奥亭へいこうかまっすぐ帰ろうかどうしようか、迷ったけど傘を持たずに歩いて世界堂へ。

ら、雨がポツポツ…やはり傘もってまっすぐ帰ればよかった。

が、今度制作する絵のキャンバスを買う。
20号じゃ大きいし10号じゃ小さいし。というわけで15号を購入。
自分でキャンバスを張ってもいいのですが、面倒なのと、今度はキャンバスが入る袋をもらいたかったので出来合いを購入しました。

そのほかに売り場を練り練りと歩いていたが…
それにつけて思うのが、今絵画制作モードに入れていないこと。

私は、自身が真正の絵画芸術畑の人ではないことに気づいてしまったこともあるし。
現段階では、去年の個展が最高地点だという思いもあるし。
全くこれで終わりだとも思わないし、終わりにするつもりもないけど、今後さらに突き進むには時間と手間と材料などを仕込まねばならないだろう。

中野に帰ってツタヤ。チャングムの続きと、映画「トンマッコルへようこそ」も借りてみる。

雑事をしたりボーっとしたり。
エクササイズも3日ぶりにしたが、それで疲れたのか?グッタリ。

なんだろ、疲れやすいのは食事が悪いんだろうかなー。

090614日

洗濯などしつつ、あれこれしつつ、授業の準備。
サルさんも毛布を残して丸むきにして、布団も干してしまうよ!

アキバへ。
N先生にオミヤゲを渡したり。

授業はまあまあいつもどおり。
笑いが取れるとうれしいというより先にほっとしている自分がいるなあ。

そのうち戦車ツマさんがプスカユ2人連れて登場!
おつかれさまでしたー。

Tさんもご一緒にヴェローチェへ。
しばし歓談するが、戦車ツマさんたちは先に帰りました。
そのうちIさんとTさんのご家族が戻ってきて、しばし歓談。

と、雨が降ってくる。
Iさん、Tさんと3人で和民。
久しぶりに楽しい酒飲み。

雨がひどく、Tさんの奥様にわざわざ傘を持ってきていただくが、中野についたらもう止んでおりました。

雑事をしつつ、チャングムをみたり。

なんて、結局今日も、金曜の分のエクササイズをサボってしまった。
明日、2日分やらなきゃー。

090613土

起きて、洗濯。
絵画教室へ。
道具を借りたりしてなんとか進められる。先週はほとんど仕事にならなかったからなー。
でも…なんというか、自分で感動できるようなことができずに、もどかしいというか、消沈する。

あとでみんなとドトる。
かなりの時間、くっちゃべる。
失言ひとつ。

歩いて帰る。
と、上のほうからごもっともなツッコミを一言いただく。
はい…。

帰宅し、洗濯などし、寝そべっていたらひとりでに妄想。
自然に強引な。わー。わー。
わー。

と、しばらくうだっていたが、時間が来て西荻へ。
遅れてPさん到着。そしたらプスカユ2人も一緒だった! おばちゃんがよく面倒見てくれて恐縮です。
私はPさんが、さぞつかれきっていると思って西荻に誘ったのだが、ぜーんぜん!
丈夫で体も柔らかいなどなどと、おばちゃんに太鼓判を押されていました。
そしてちょっぴり在日トークなどもす(ちなみに私は「在日日本人」です)。

そのあと4人でマックへ。
いやー。
さらにたいへんな話を色々聞いてしまい、すっかり…
元気を分けてもらってしまったような。

私は、人の話、その人が「グチ」と呼ぶところのものだが私にはそうは思えない話をきいて、その人はグチをこぼしているつもりなのに私は逆にそのパワーのおこぼれにあずかってしまう、ということがままあるのだけど、今回もそんな感じでした。

Pさんが強すぎるんだと思うので彼女と比べても仕方ないけど、大腸ポリープに続く自分のヘタレっぷりに凹み…はしなかったけど、ちょっと自分で自分が情けなく思えて仕方なかったのでした。

帰宅し、さらにヘタれてました。ヤケですな。

そのうちサルさん帰宅。

私はもうすっかりヘタヘタに。

090612金

退社後、会社から最寄り駅まで歩いてみた!

最近になって、仕事で疲れたからといってすぐ帰ると余計に疲れが溜まることがわかったので、退社後は体を動かすなり寄り道するなりしようと思っていたので…
で、ちょうど、バスはまだ来なさそうだし、どうしようかと思っていたが、今日は、体調よし、時間あり、天気よし、荷物無し、etc...により、バス通りをそのままなぞって歩いていくことにした。
途中でちょこちょこ時間を計っていきました。
ら、結局駅まで55分かかりました!はー、くたびれた!

そのまま、今朝の新聞に入っていたチラシの美容室に行く。
うーん、なかなか。いつものところとは全然違った雰囲気。
初めて白髪染めをしてみてしまいました。

すっかりおなかを空かせて、帰宅。


090611木

母のような知人から久しぶりにメール。
そうですねえ、私は今何を創っているか。
うーん、私は、元気でいます。
充電と妄想の時季ですけど…。

病院に予約の電話など。

退社後は久々に図書館へ。児童書コーナー。
「世界の子どもたち―世界をむすぶぼくの声わたしの声」
残念!!!ミャンマーと台湾のコドモは掲載されていなかったのです。
どうしよう…まあいいか、と借りる。

自分の本を吟味したり、とり損ねた(というより紛失した)切抜きをとったり。

また、ツタヤに寄ったり、久しぶりに海鮮丼を食べる。
エクササイズもする。太ももの筋肉は弱っているのか、弱いのか?
掃除機もかける。

夜は結局遅く就寝。

090610水

無理やり洗濯をして出発。
検査前の処置はスムーズに。予習どおりで、まるで優等生であるよ。
検査も、心配していたことはなにもなく、終始ポヤ~ンとしている。
が、ちょっと気になる結果に。ああ…ひどくはないのだけど、やっぱり不安要素ではある。あーあ。

幸い、体力と時間に余裕があったので、江戸東京博物館の手塚治虫展にゆく。
人からは「じっくりみて1時間かからないくらい」といわれたけれど、じっくり展示のマンガを読んでいたら閉館までの1時間半まるまるかかったぞ。終わりのほうの細かい資料はあまり見ないで飛ばしました。
でも堪能できてよかった。
もう、手塚治虫のモノゴトに対する熱心さ、マンガへの愛情は並外れている、その精神すら天才であるといえよう。

そういえばまだゆうべからなにも食べていない。おなかが膨れているので、空腹感はさしてないのだけど。
帰って適当に食べて、家庭教師の出かける時間まで仮眠を…。

と、出かける15分前までは意識があったのに、次におきたときは1時間後。寝過ごしてしまう!
あわてて電話し、家へ向かう。

コドモに大腸内視鏡検査なるものについて語ってやる。
どういうことだかちゃんとはわかっていないと思うが、「下手するとなんだかタイヘンなことになりうるものらしい」とは感じ取ったようだ。

090609火

よしときゃいいのに、大腸内視鏡についてネットであれこれ体験談を読んでみる。
と、人によって場合によって、痛かったの痛くなかったの、あれこれ書いてあってちょいと情報酔い。
私は事前に麻酔をかけてもらうので痛みはないといわれていたのに、なんとなく不安になってしまう…。

帰りは美術展へ。
興味の埒外にあるジャンルの展示と、ずっと興味を持ち続けているジャンルの展示などを見る。
前者は刺激になり、後者は深みを得る。

久しぶりに成城石井で買い物して帰り、夕食は早めに多めにとる。

サルさん、帰るなり「あなたに謝らなければいけないことがあるよ」と、淡々とした顔でいう。
「きのうアンタが寝ている間に、借りてたチャングムを全部みちゃっただよ」
だからあんたは昨日3時ごろまで起きていたのか!?

そして明日の準備…
無事に済みますように!

090608月

うううー、疲れた!

私もサルさんも、前日の疲れが残りまくっていました!
私なんか、アミノバイタルも投入したのに~

しかし、退社後はしっかり買い物してサルさん用のジュースなども買いましたよ。
逆に、疲れたからといってまっすぐ帰らず、何か買い物などしてから帰宅したほうが、帰ってから活発に行動できるのでは、ということに気づきました。

なんなんでしょう、私の「仕事疲れ」というのはどうやら「動かないこと&テクノストレス」らしいので、ちょっとくらいうろうろした方が体と心がほぐれるということかもしれませんね。

そして、モムチャンダイエットのエクササイズもしたり、なんだり…
しかしサルさん帰宅するころ、すとんと落ちてしまう。
途中サルさんにより起こされるが、すでに3時!
あわててシャワーを浴び、また寝る。

ほんとにつかれてたんだなああああ。

090607日

朝はカチッとおきてサルさんとアキバへ。
バス旅行へ出発!

富士急ハイランドに遊び、御殿場富士仏舎利塔に拝み。

しかし今年はやたらと疲れた。
トシのせいかと思いきや、みんな、今年はやけに疲れるといっていました。子ども以外は。

子どもといえば、帰り道のバスで到着間際にギャーギャーけんかをし始めたので、例のごとく(家庭教師先の子にするように)ピシャッとどなってやりました。
ら、静かになったのはいいのだけど、そのうち一人が気分を悪くしてモドしてしまいました。
バスの中って、静かに黙っていると気分悪くなるものなのよね、もしかしたら私のせい?とちょっと気になりましたが、もしそうならちょっとぐらい騒がせとけばよかった。

帰りはみんな、食事も飲みもお茶もしないで大人しく帰宅。(それでどれだけみんなが疲れていたかがわかる!)
ダベりながら帰る。

サルさんとツタヤにより、チャングム借りて帰る。
が、疲れて適当に食事して埋没。

090606土

生きてます。生きてますともさ。
ついに日記が途切れましたね。

しばらくネットからちょっとだけ遠ざかった生活をしていましたが、妄想づいてきましたので、時間がうまく使えていないことには変わりないのでした。

*****

ここのところ、起き抜けにクシャミ・ハナミズがぐしゃぐしゃっとでるのですが、今朝は特にひどかった。
鼻が止まらず、予定時刻を過ぎても家から出られませんでした。が、観念して出る。

絵画教室へ。半分ハナかんでたような。
昼は急いで薬やドリンク、ドトールを投入。
それからは労働と芸術。それなりに、私の中では及第点だったので、コンディションが悪かった割りにはよかっただろうか。

一旦帰宅し、荷物をおいて仮眠。
で、整体へ。
これまでどおり一週間振りなのに、久しぶりにやってもらったような気がする!
だいぶよくなったと言ってもらえました。

が、帰りの電車で、まるで憑かれたように悪感情が。必死で押さえつけて、ちょっとだけ買い物など。
帰宅し、我に帰る。でもって、自己嫌悪。

洗濯や明日の遠足の準備などす。

風呂に入ってハーブティー&ごほうびアイスでシメ!
カテゴリー
最近の記事
過去ログ v Co リバース
過去記事はこちらから検索してください

Plug-in byまる。hi

ブログ内検索
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。