スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく手術日決定

先週末、予約どおりT病院にて診察。

今度のH先生は明るく愛想のよいタイプで、私には合っていると思った。

医療費のことも、今後のスケジュールのことも、細かく話してくれ、
また、私が触診が苦手だということを話すと、そのことも考慮してくれると言ってくれたのは大きかった。

そして、月をまたがないようにスケジュールを見ていった結果、約5ヵ月後の11月半ばに手術が決まった。
かなり先ではあるが、万が一急に痛むようなことがあれば対処してくれるとのこと。
こちらも、これまで4年間ほうっておいたものを今すぐあせってどうこうするつもりもない。

それに、そのころまでには余裕を持って手術費用が貯められるでしょう。
また、病気や治療法やその他もろもろについて、情報収集したり勉強したりしなくちゃね…。

スポンサーサイト

070626

朝サルさんの朝食を用意し、遅い朝食をとっていると会社から急用で電話。別に構わなかったが、そういうこともあるものだなあと思った。携帯聞いてもらっておいてよかったね。

あれこれ用事を片付けていたら出かけるのは1時前になってしまった。

まず郵便局へ、会報の郵送。

そして銀行その1で引き出しをし、銀行その2で預け入れ・振込み。それから貯金の運用について相談しようと番号札をとり、順番待ちをしている間に記帳をすると…
少し問題があったため、番号札を戻して、銀行を後にする。

区役所へ行き、サルスケの住民税と、我が家の健康保険料を払い、口座振替などの手続きをする。
ついでに、高額医療費の手続きの相談をした。私はこれまで、請求額を払ってから上限額以上が戻ってくるのかと思っていたが、あらかじめその旨の書類を提示すれば、はじめから上限額のみ払えばいいようにもできるのだそうで、既に手術の予定が決まっていたので、そのように書類を発行してもらうことにした。

あとは、商店街の方向まで来たので買い物もする。

えっちらおっちら帰ってくると、すでに3時を回っており、遅い昼食をとった。

のろのろと用事をすませ、仮眠をとる。

セツへいく仕度をして、出かける。
といってもまずは、近所の産婦人科医院へ。
借りていた傘を返しがてら、紹介状を書いてもらった病院で秋に手術が決まったことなどをご報告。
続いて図書館へいき、請求していた図書を受け取る。
布ナプキンについての本です。ウェブサイト執筆資料用にするのだ。

そしてようやくセツへ。

途中、クラスメイトのKくんと会う、個展を見に来てくれるというので一緒にコーヒーを一杯。

今日は人物水彩でした。
2枚書きました…Aはもらえなかったよ!
しかし先生がたが、個展の絵の「赤いの」が一番良かった!とお話してくれたので嬉しかったですよ…♪

夜、家ではゴキブリと遭遇!
今年は遭遇率高いよー(><)

070625

オフィスワーク。

もしかしたら仕事が増えるかもしれない。
勤務状態から選ばれたとはいえ、能力を認められた上で頼まれたことなので嬉しいことだ。

また、新しい仕事の説明を受けているときに、作業だけではなくその背景ナドも、余談として話してくれたのも嬉しかった。
ただ、PC叩いているだけでいいんだ なんて思われているよりこちらのほうがはるかにモチベーションがあがる。

その後少林寺。
楽しかったですよ。

だんだん暑くなりますね。

雨で蒸します。

070624

昼12時ごろまで寝ている。

サルさんと起きだし、2人でゴハン。

そのあとサルさんは出かけるが、私は本を読みながら、また寝てしまう…。

夕方少し目が覚めるが、また寝入って、9時過ぎに起き出し、夕食。

一日寝ていました。
雨だし。

070623

午前中は絵画教室。
帰りはそこの仲間を2人連れて、洋服を見がてらオジサンの話を聞きに。
1枚服を買ってしまう。

帰って昼食、まもなく出かけて個展会場へ。
友人が4人来てくれ、いろいろとおしゃべりをす。

その後会場にいたままタロットレッスンの復習をしていたら、セツクラスメイトの子がくる。長々と話すのは初めてだなあ。

彼は授業に行き、わたしは友人とのカラオケの約束に行きました。
カラオケ、楽しかったです。

ただし、夕食をきちんと取れなかったのが残念…
それなのに、思ったより空腹感がなくてビックリ!!!
これもダイエットの成果かなあ。胃も小さくなった気がするし。

カラオケのあとは、そのままTさんといっしょに個展会場に戻りました。わざわざありがとう~。久しぶりに話せてよかったです。

男たちよ

久しぶりに整体に行った。
もう、2年ぶりぐらいになるかなあ?

そこは腕が良くて、先生がとてもいい感じの人。
ちょっと老けたかな?

でも相変わらずイイ男で、
嬉しいような、淋しいような。



元生徒さんに面会に行った。
彼の恋人と一緒に行った。

ガラスの向こうから涙目の恋人をなぐさめる様子に
私も係員も立ち入れず。

子どものような純粋な男は
頼もしさを身に付けた
よりイイ男になっていて、
嬉しいような、悲しいような。

070622

朝イチの予約で、T病院へ。

今度の先生はよくお話をしてくれる愛想のいいタイプで、私には合っているかも。
手術、11月に決まりました。
がっ、その週末に秋のデザインフェスティバルがあり、友達と出展しようといっていたのに残念…。

血液検査だけして帰宅。

地元に帰って、ゆうべからおかしかった歩き方を治してもらうべく、久しぶりに整体へよる。
多少良くなったかな。。。?

帰宅し、昼食、またすぐ出かける。

T警察署へ、元生徒さんに面会。彼のGFと現地集合。
幸い、久しぶりに元生徒さんに会うことが出来た。

そしてそのまま、東京現代美術館へ、マルレーネ・デュマスの展覧会へ。
駅から雨の中を、1km以上歩く歩く。
雨の公園は趣がありましたが、ちょっと大変だったかも。
展覧会の絵は、予想以上にキモチワルイというかコワイ感じでした~。
でも考え方など勉強になったかも。もう少し彼女のポリシーを聞きたかったところ。

帰って、買い物して、帰宅。
がんばって少林寺行こうかなーーーーっ

と思っていたけど夕食後撃沈でした。

070621

オフィスワーク。

その後は、派遣仲間のIさん&Sさんが個展を見に来てくれました。
なんと2人とも絵を描くのが趣味ということが発覚、思いがけなく絵の話をいろいろとすることが出来ました!

その後はちょっとセツまで見学によってもらい、雰囲気を楽しんでもらいました。

私は遅れて授業に。
足開いて立って書いてたら、右股関節がちょっとおかしくなり、しばらく歩くのがヘンでした。

Kくんと語りながら帰る。

070620

オフィスワーク。

退社後はタロットのレッスン(教わる方)と、日本語のレッスン(教える方)の日取りを決めるメールを交わしていた。

バス回数券をついに買う。

図書館へ本をついに返す。
そしてまた借りる。
タロットの本があってうれしい!

ヴェローチェにて、タロットの復習をしつつ、日本語レッスンの進め方を思案しつつ。

昼ごはんをたくさん食べたのと晩ご飯を遅く食べたので、体重が1キロ増えていてショック。

070619

一日、絵を描いていました。
個展用のですが。
セツの大原用の絵は結局描けず、残念。

四六版半裁のを1枚、画紙にパネル張り2枚、キャンバス3枚。

四六版のは、今飾っているのと差し替え。
その他は追加という形にしました。

セツは、合評だけ聞きにいきました。でも勉強になった。
やっぱりがんばって出せばよかった~…。

授業の後は、大勢フレッシュネスバーガーに流れました。
先生も来てくださって、絵も見てもらいました。
差し替えた四六版の絵、評判良くてほっとする。

帰りはYちゃんとYくんと帰る。
この人たちは、年も性格も違うのに、なごむなあ。

070618

オフィスワーク、少林寺。

リセットダイエットの2週目に突入!
お昼ごはんは、晴れて炭水化物解禁でした。

練習の帰りは、少林寺の友達が個展を見に来てくれるとのことで
一緒に会場へ。
このとき、なんと支部長も一緒に来てくれたのでした。

支部長にご馳走してもらい、3人でお茶、話などす。

その後しばらくして支部長は先に帰り、
友達と2人で閉店まで語りこんだのでした。

帰宅し、NHKラジオ英会話にギリギリ間に合う。
いや、もう始まっていたのですが、ディクテーションなどの
やりたかった練習がちょうど始まるところだったのでした。

070617

日本語教室の授業。

生徒数も多く、進度もスムーズで怖いぐらい。
何も問題なし、って感じ。
たまにはこういうこともあるのね。

教室でお昼を食べ、みなと話し、次はいよいよタロットのレッスンへ!

また新しいことはじめたんかい!と突っ込まれそうだけど、
これは以前からやってみたかったことなのですよ。
楽しみ~。

下北沢の喫茶店で、先生のJONさんと2時間のレッスン。
カードの意味まで実践的なことを教えてもらえるので、面白い。
タロットって、常識的な意味はあまりあらわすことがないとか。
ますます面白い!

そこから帰って、紀伊国屋により、帰宅し、夕食をとって、支度しまた出かける。
本屋によってNHKラジオ英会話のテキストを買い、ヴェローチェへ。
タロットレッスンの復習をする。

070616

午前中は絵画教室。

その帰り、インポートの古着をちょっと置いているお店によって、店長のおじさんと話してみると、芸術と職業などについて色々と話してくれた。
かなーり衝撃をうけたというか。
勉強になりましたが、急いでいたので途中で失礼しました。
うーむ。

私は今確かに未熟なモノではあるけど…
インチキな仕事をするよりは、イイモノを作って行きたいと思ったのです。

なんか、絵を描く姿勢について考えさせられて…
「絵がうまくなりたい」とはじめて、しっかり思ったような気がします。


そのあとは、公園でのフリマで服を買う。
ゆかた1、帯2、スカート1で1000円なり。

一旦帰宅して昼食をとる。
明日の授業の支度をしているうちに、
サルさんが帰ってきて、一緒に家を出る。
個展会場へ。

友達が個展に来てくれ、会場で待ち合わせ、しばし話す。

3人でセツに行く。
しばらく話し、友達は先に帰るが、サルさんをムリに休憩まで残させ、みなに紹介する。

その後サルさんは帰り、私は少しだけ絵を描いて、すぐ帰ってしまう。

070615

今日も会社、ちょっと遅く起きてしまう。
バスに乗っていく。
もう、この便利さを味わったら電車なんか乗れません。
ところが少し遅かったせいか、道が込んでおり少し遅く着いてしまったよ。

退社後は、迷ったけどタロットカードを買いに行く。
まずはタカシマヤ隣の紀伊国屋へ。そこにもなく、紀伊国屋本店にも行くがない。しかしそこで、1Fの柳花堂というお店に売っていると教えてもらう。
柳花堂は、宝塚のブロマイドなどを扱っており、ショーケースにはさまざまなタロットがずらり。見ているだけで面白そう。
歩き探し疲れていたところを、紀伊国屋の店員さんと柳花堂のおやっさんの人柄に癒されたような気がして、元気が出たような気がしました。

そして、ほんとは帰って個展の絵を書いたほうが良かったのだろうけど…迷ったのだけど少林寺へ。楽しかったですけど。

帰って、B1パネルに水張りする。
そしてサルさんとケンカですよ。
疲れていたのだろうか。

070614

オフィスワーク。
5時に起きて、二度寝せずにいたおかげでさわやかな朝を迎えられたような気が。

シャワーを浴び、サルさんの朝のお弁当、自分の昼と夜の弁当を用意する。個展の配布用の名刺を作成、印刷。

…と、いつもどおりの時間に出勤。

退社後はセツへ行きました。
久しぶりにデッサンする気がする。

そのあとは、皆で連れ立って「個展会場」であるハンバーガー屋でお茶しました。

それにしても、個展、個展というけれども私はそういうつもりはなかったのよね。
「個展の練習」というのが、実際のところ。
でも、人に説明するときにはやはり「個展」という言葉で説明した方がいいのもあるし。

感想ノートを見たら、友達のサインと、セツ1Qの子達の感想があって、嬉しかったです…
こういうの、貴重なんですよ。

070613

午前中にT病院へ。
先生との問診、触診はなくて安心。
ですが、その先生の手術日は、私に都合が良くなかったため、またしても先生を変えることになってしまいました。
で、また他の先生の診察を受けることになりました。しかもそれは来週末の予定です。
ああ、どんどん遠くなる。

そして区役所に、日本語教室の予約・支払いをしにいく。
窓口の人が、親切な対応をしてくれて助かる。

地元に取って返して買い物し、疲れて食事を作って食べる。
少しだけ、うたたねしないように横になる。

疲れた体を引きずるようにして、警察へ。
しかし、事前に電話していたにもかかわらず、その直後に面会が入ってしまったのでもう今日は面会できません、と断わられる!
あまりに融通の利かないシステムにイライラ、受付のおじさんに当たってしまう。
差し入れだけは出来たのだけど。

また地元に戻って、疲れてるのに本屋で立ち読み、家に帰ったら、横になったまま寝てしまいました。
夕食も食べず、化粧も落とさず、なーんにもせず。
サルさんが帰ってきたのも、寝ぼけて返事をしているぐらい、気づいたのは明け方5時でした。



暑い日でした。

延期また延期

先週、T病院ではじめにかかった先生はY先生といって、執刀日は金曜日とのことでした。
入院予定日数は6日とのことでしたが、ネット口コミを調べてみると、卵巣脳腫摘出を腹腔鏡手術で行う場合、退院後もすぐに仕事に復帰できない人もいるとかで、退院後一週間は仕事を休むという人もいました。どうやら1週間入院、1週間静養とみたほうがいいようです。
もっとも、仕事の大変さにも夜と思うのですが、私の仕事は楽なデスクワークで、しかも週に2,3日のみのシフトです。だから多めに見つもっても退院後2,3日休めば十分でしょう。
しかし仕事の都合上、極力月曜日はつぶしたくない。
月曜に来なきゃ首になるわけでもなく、1日2日くらいは月曜がつぶれるのを覚悟はしているけど、なるべくうまくスケジュールを組みたい。

そこで後日Y先生にその旨電話して、火曜日執刀のS先生に変更してもらうようお願いした。
すると、一度執刀医の診察を受けなければいけないらしく、またT病院にいかねばならないとのこと。
あ~、また触診するのかなあ…。こないだから軽くトラウマなんですけど。

さて数日後、再びT病院へ行き、S先生の診察。
今回は、Y先生からの申し送りがあるためなのか、触診はありませんでした。
もっぱら既往症の有無や生活習慣など、手術のための問診をしました。
たとえば、これまでに手術や入院をしたことがあるか、血のつながった親戚の中でガンなどにかかった人がいるか、それはどこのガンか、酒やタバコは飲むか、など…。
このとき、会社の健診結果の心電図とレントゲンも渡しました。

そしてS先生の手術日は。「一番早くて9月下旬ですね」。
下旬ですかー。それは高額医療費計算の上で都合が悪いです。
「できれば上旬か、中ごろががありがたいんですが。」「そうすると一番早くて10月中旬ですね。」
あらー。1ヶ月先延ばしかぁ…。まあいいや…。
しかし、「月曜から入院ですよね。月曜は何時に来ればいいですか?」というと
「9時か10時です」
え!?その9時は夜の9時ではないですね。

私はてっきり、月曜仕事が終わった後か、少し早退してそのまま病院入りするのかと軽く考えていたのだけど…なんでも、手術では全身麻酔をするのでそれくらい必要なのだとか。そこで申し訳ないのですが、とS先生に、再度手術曜日の変更をお願いしました。

当然ながら、すでにY先生の手術日はキャンセルされていました。
S先生はもう一人、木曜日執刀のH先生をすすめてくれました。
これでまた、H先生の診察を受けに来なければならない。
さらに次にH先生の診察予約は、来週末になりました。
今度のH先生の手術日は11月ぐらいになったりして。
こうしてどんどん手術日が先延ばしになっていく…。

もっとも、そのころには治療費もゆとりをもって貯められていることでしょう。

初体験の感想

布ナプキンを1シーズン使ってみて…

○よかったところ
・肌触りは良い
・柄も多くかわいらしい
・洗濯は意外と楽だった

×よくなかったところ
・慣れないと失敗が怖く、気が気ではない。
・出ると広がってしまう感じ
・つけかえ・携帯・装着が面倒

…といったところでした。
あくまで私個人の感想ですが。


◇そのほか
*やはり在宅用・軽い日用としてつかうのがいいかも。
 夜用でもいいかもしれません。
 また、ライナー用に、おりものが多い日などはいいと思います。
*私はケミナプに関して、普段さしたる不満や悩みはないけど、
 従来からかゆみ、かぶれなどのお悩みがある人はお勧めです!
 とくに夏場はいいかもしれません。
*ケミナプの真ん中吸収などの性能は、やはり研究され考えつくされた優秀なものだと実感しました。

しかし布ナプの使用を機に「生理痛がなくなった」とか「周期が定まった」などなどという声をいくつも聞くので、そういう効果を期待するなら、ぜひ一度トライするべし!
まず手始めに、パッドタイプを軽い日用に使ってみてはいかがでしょうか。
あるいは、使い古しのハンカチやタオルをためしに当ててみても、ケミナプとの肌触りの違いを実感すると思いますよ。

*おすすめは「白うさぎ」パッドタイプ、「メイドインアース」おりたたみ。

今後も使ってみて、いいと思うものがあれば情報をアップしていきたいと思います!

070612

午前中おきて、眠い目でサルの朝食のパンを用意。
しかしバナナとジュースだけ持っていこうとするヤツにムリヤリパンも持たせる。

布団干し、洗濯。

そしてお昼も食べて、品川へ。

YさんとLさんに面会と思ったが、Yさんはいなくて、Lさんのみ。
元気そうでよかった。
また、会いましょう!

待合室へ出ると、ミャンマー仲間のNさんが!あなたもよく来るねえ。
彼女も面会がおわったばかりというので、一緒に品川駅に帰って、スタバでお茶する。色々話す。

それから千駄ヶ谷の国立能楽堂へ。
友達のTサンが出る能楽研鑽会なるものに、ささぴょんと見に行くことになった。
荘厳な雰囲気と芸能に酔いしれ…ほとんど寝ておりました。
しかしアタマはスッキリしましたよ。
また行こう。

そのあと二人で世界堂で買い物。

疲れて帰宅しました。

070611

オフィスワーク。
雨の日で、バスで会社に行ったら利用者も多く時間もかかった。
それだけでなく、始発と終点がおなじで路線が違うバスに知らずに乗ってしまい、きちんとオフィスビルに至近のバス停に着くか、気が気ではなかった。
幸いバス停もiモードで調べて、会社にもギリギリ間に合いましたが。

仕事もどうにかうまく進む。

退社後は、またまたエコロジーショップ・ガイアへ。
サルの朝食用に、オーガニックのパンを買う。
そのうち今使っている塩・砂糖・バターが切れたらココで買おうかな。
ここのオーガニック食品、野菜や果物、パンなんかはスーパーの倍の値段はするんだよねえ。
でも調味料とかなら使ってもいいよなぁ。

少林寺での練習。
蚊取り線香を炊いていた。

その後、ゴールデン街へ飲みに…じゃない!占いをしてもらいに行く。
ゴールデン街で占い?してもらえる店があるのですよ!しかもよく当たる。
友達のCくんが、占ってもらいたいことがあるというので、それに付き合うのだった。
Cくんと私、共通の友人ささぴょんとで店に行く。
順番を待ちつつ、酒(私はダイエット中につきウーロン茶)をのみつつ、チーママさんや他のお客さんと話して楽しく過ごす。

Cくんが占ってもらい、次は私もお願いする。
最初、今後の年内の人生・生活設計について。仕事と海外移住について占ってもらった。
海外移住は、あいまいすぎな現状と意識を当てられました。仕事の居心地のよさも。そんなこんなで、安定していることを当てられました。
そう、安定しすぎて、現状に甘んじていていいのかと不安に思って占ってもらおうと思ったんだよ~。
でも、今は目標に向かってムリムリに動きたいとも思ってないしそうする必要もないし。
ただ、行動としては、友達に牽引されたり、大勢の人に遭うのがいいこと、神秘的なことに関わるのがいいことを言われました。

そういうわけで、ついについに、タロットを習うことを決めましたよ。
前から興味はあったのです。

また、絵の活動については、今はとくにヘンな批判をする人もいないので、活動も技術も向上しやすい、発展しやすいのだそうです。
やりすぎかな、ハメ外したかな?と思うぐらいでも、受け入れてもらえるらしい!

うわー。
これはヤラネバ!

なんだか、飲んではないのに酔った様な気になって帰宅しました。

070610

武専の日。
少し寝坊してしまったのであわてて用意して出かける。幸い間に合う。

午前中、ものすごい雷雨が起きる。
折りたたみはさすがに持ってきたけど、間に合わなさそうな勢い。
大原の写生会に行った人たち、大丈夫かなあ…。

お昼に、個展のDMをばらまく。

まだ雨はやまず。
高橋葉介のサイン会、この雨の中、行くのはやめて最後まで武専にいるかどうしようかと迷っていたが、結局行く事にした。

駅までの道を、少し迷ってしまう。あわわ。
しかしサイン会には無事時間までに到着。

待っている間、他の人にも話しかけてみればよかった。同好の士よ。

で、今回後悔したことがふたつ。
先生への贈り物を用意しなかったこと。(持ってきていた人がいたのよ)
それから、今回は先生のご厚意により、お為書き(○○さん江ってやつみたい)を入れてもらえるのを、妙に遠慮して、書いてもらわなかったことだ。
あああああ、書いてもらえばよかったー。

高橋先生は、手のやわらかい方で、パワーをもらうつもりで握手してもらっちゃいました。ワーイ。
やっぱり来て良かった…。

そのあと、前の会社の人にサイン会を自慢する。
それからおねえさんにも。おねえさんのダンナさんがファンなのです。
そうすると、おねえさんは高橋先生に会ったことがあるとか。すげー。

サインしてもらった本は三部作の3番目なので、1・2番目の単行本も買ってしまう。
地元に帰って喫茶店で読む。

そして一旦帰宅、洗濯して、また買い物に出かける。
明日からまたダイエット週間を開始するつもり。

今月は5キロ痩せたいなー!
でも3キロはゼッタイやせるぞー!

サルさん帰宅、携帯機種変してやがりました。
そして、以前はダイッキライだと言って解約までしたiモードメールを申し込みやがっていました。
まあ、いいや。
これからどんどんイタメール送ろうっと。

干す

さて。

布ナプ使用を躊躇する人の言い分の一つが、「洗濯する場所に困る」というもの。
そうですねぇ、家族のある人は困りますね。

布ナプはつけ置き洗いをするのですが、それを家族の目に触れるところには置けないというもので。
しかしそれは、フタつきの小さなバケツや、洗面器でも上にカバーをかぶせておけばいいんじゃないかと思いますが、どうなんでしょう。

それはさておき、干すときなのですが、私は今回始めて使ってみて、結局外に干してしまいました。
といっても、外から見えないように布ナプの周りに手ぬぐいも干したのですが。下着を干す要領ですね。
パッドもホルダーも、そのままではなんだか分からないようでいて、女性や、カンのいい人にはそれが何であるか分かってしまうような形をしていますからね。
しかし、折りたたみ型の布ナプは、見た目がハンドタオルと変わらないので、そのまま見えるようにして干してしまっています。
どうせこれが布ナプだって分かるのは、布ナプユーザーだけでしょうから。

洗う

使用済みの布ナプは、最初に水でざっと大きな汚れを落としてしまってから、付けおき洗いをします。
このとき、体温以上の温度のお湯を使うと血液が凝固するので汚れが落ちなくなるので使用しないこと。
付けおきには、洗面器1杯に対し、重曹あるいはアルカリウォッシュを洗剤スプーン一杯ぐらいのものを使います。
気になるならそのあと洗濯機で軽く洗ってもよし。


その最初の水洗いなのですが、洗面器の水がさっと赤くなり、生のにおいがむんとする。
これまで血をそのように見たことがないので、自分の血とはいえ、なかなか強烈な見ものです。
これは、魚がさばけない人には無理かもしれません。

そうして自分の「後始末」をしながら、ふと考える。

赤ん坊のオムツを手で洗うのと同じかな。


子どもの鼻を口で吸ってやったり。

傷をなめて治したり。

虫刺されにおしっこを塗ったり。

うんちや鼻水で体の状態をみたり。

フェラチオをしたり。

噛んでやわらかくした食べ物を赤ん坊に与えたり。

鶏の首を絞めたり。

生き物の生き血を飲んだり。

踊り食いをしたり。

毛皮をはいで着たり。



「生を生きる」と書いて、「生々しい」とはよく言ったものだと思った。

070609

朝はまたしても二度寝!これで三週連続だ~~~(泣)

でもがんばって絵画教室へ。
絵の具が重いのでキャリーカートで運ぶ。
でも大変。やり方考えた方がいいなあ…。

残念ながら、ポン・レモンさんのライヴには行けなさそうと判断し、教室の後いっぺん帰宅し、個展会場へと向かう。

友人ささぴょんが展示を手伝ってくれたので、ほんと助かりました。
飾り方なども、自分だけじゃ分からない・気づかないことがあるもので、ちょくちょく相談しながら進めました。
おかげで、なかなかイイまとまり方になりましたよ。

帰りは世界堂で買い物し、別れる。

午後からずっと疲れがきていて、帰宅するなりオーラの泉を録画しながらグッタリし、寝込んでしまった。
すると途中で友人Aくんから電話。
なんと早速個展に来てくれたのだという。
実質、一番乗りのお客様です♪
お花まで持ってきてくれたとのコトで、店長に話すと「いわよしさんの許可があればOK」と言ってくれたそう。こちらこそ、「店長の許可さえあればOK」といったところなのですが、気さくな方です。

その後高橋葉介ファンクラブの元会長が、大好きな某マンガ家さんのヨメだと知って、嬉しさと興奮で、しばしアタマが変になる。
そのマンガ家さん、実録育児マンガも出してるそうなんでゼッタイ買う!!!

070608

一日中、個展用の絵を描いておりました。

夜は少林寺の練習へ行き、個展のお知らせをする。
すると予想以上に反応がよく、うれしい驚きでしたよ。


布ナプに興味があるというKちゃんに布ナプについて話す。

また、夜中まで絵を描いたりして、あとはそのまま寝てしまった。

070607

オフィスワークですが、またバスで通ってみました。
混んでいないしやっぱりいいです!
満員電車は、「どけ」「邪魔」「クソババア」「クソオヤジ」「死ね」「コラ」が沈黙の中に叫ばれる世界なので、人格を貶めるには最適の場所なのです。

仕事はつつがなく進む。

帰りは世界堂に寄り、絵画教室用のキャンバスや絵の具を買う。
そして超久しぶりにセツへ行き、群像デッサン。

相変わらずポージングにはじりじりしてしまうのだが、半分あきらめることにする。
「私の憧れていたセツ」は、あくまで「憧れ」であったのだ。

でも、学校は楽しい。

布ナプを買ってみる

いよいよ布ナプ購入!
取扱店は、あらゆるジャンルのオーガニック製品を扱うお店です。
ここまで本格的なお店は初めて行くので緊張…。

↓お店はこちら
GAIA(ガイア)
http://www.gaia-ochanomizu.co.jp/

残念ながら、お目当てのウィムーンはありませんでした。
でも折角来たからには、他のメーカーのでいいから何か買いたい。
見本の布ナプを手にとって見ながらさんざん迷って、メイド・イン・アースというブランドの折りたたみ昼用を一つ購入しました。ハンドタオルくらいの大きさです。

そのうち他のメーカーのも買ってみよう、生理前にお試ししようなどと思いながら、排卵期のおりものが来たのでライナー用のを買うことにする。
そこでまたGAIAを訪れ、白うさぎというブランドのパッド3枚入りをライナー用にと、あとはっぴ~む~んというブランドのパッド&ホルダーセットを購入しました。


これは画像が必要ですね(^^;
このコーナーは後日WEBに移行するかもしれません。

布ナプについて調べる

まずネットで検索。
すると、ビギナーやユーザー向けの色々なサイトがあります。

それらの中から、使い方、お手入れ方法、種類、取り扱い店舗などの情報を中心に見ていきました。

ユーザーの体験談を見ると、やれ生理痛がなくなっただの、周期が安定しただの、かぶれなくなっただの、ムレない、臭わないだの…etc いいコト尽くめのオンパレードでした。
ほんまかいなと思いながら、ちょっと試してみてもいいかしら、と思い始める。

ぐっと私の目をひいたのが、ウィムーンというオーストラリアのメーカーの布ナプキン。
それが、どれも可愛らしくオシャレなんです!
自然派の素朴さは私の好みのデザインではないのですが、ウィムーンの布ナプの柄は好みにぴったり合っていました。
これで、一気に使ってみる気に!

洗い方も、少し手洗いしたらあとは付けおきでいいんだそうで、思ったより楽そうです。

まだ取り扱い店舗は少ないようなのですが、幸いよく行く街に取扱店がありましたので、行ってみることにしました。

布ナプとの出会い

「布でできた生理用品」というものの存在は、なんとなく聞き知っていました。
子供の頃、テレビで平安貴族の生理用品なる小さな布をみたときは、こんな小さな布切れでどうやって???と頭をひねった覚えがあります。

今は、自然志向の人たちの間で静かなブームであり、汚れたら洗って使いまわすということしか知りませんでした。

そして、使い捨てナプキン―――布ナプに比してケミナプ(ケミカルナプキン)というのですが―――で不自由なかったので、布だなんてもれたりしそうで怖いし、洗うなんて面倒くさい!と思ってそれ以上興味をもちませんでした。



ところがつい最近、友人が布ナプを使っていることを知ったのです。
布ナプってどうなの?と聞くと、すこぶる調子がいいとの返事。
いつもは友人がつかっていても、自分に興味がなければそれ以上突っ込んで話をしないのですが、なぜかこのときは、布ナプに興味を持ち始めたのです。
そしてネットで色々調べ始めたのが、きっかけ。

準備の準備

手術の予約を入れてから、その夜夫に報告。
「エーッ9月!?なんでそんなに遅いの!?」
「これでも普通なの、長いときは1年ぐらい先になったりするの。私は今すぐ手術しなきゃいけないほどじゃないからいいんだってば。」
そもそも、今まで4,5年もほっぽっといたぐらいだし。
なのに、ブツブツと「もっと別の病院も行け」だのウルサイ夫め…。

そして今日、会社で同僚たちに「昨日病院行って、手術することになったの~」というと「エエエエーーーッ!?」と大合唱の反応。
私は、命に別状のない治療をふらっとするような軽~い気持ちでいたので、周りの反応の大きさにびっくりしました。でもまあ、逆の立場だったら私もびっくりするよなあ…。

それから母にも連絡。
すると、意外に母も、手術がずいぶん先であることに驚いたらしい。「手遅れになっちゃうんじゃないの?」とまで。
手術の日程が先なのはこちらの都合と先生の都合の上なので、もし急を要するなら先生から即刻入院を命じられると思うよ!

実は、手術の予定はできれば金曜より火曜の方がありがたいので、日程を変更してもらえるよう交渉してみるつもり。
明日直接先生と話すのだけど、うまく話が進むだろうか。
なんて、病気とは関係ないコトで心配しておりますが。

これから色々情報収集して、手術に必要なものなんかもそろえなきゃなぁ~。
カテゴリー
最近の記事
過去ログ v Co リバース
過去記事はこちらから検索してください

Plug-in byまる。hi

ブログ内検索
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。