スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こないだ見た夢】悲しみが~止まらない~

1.居酒屋の2階らしきところで、仲間と飲み会をしている。
友人の某が、自宅でやっていたスナックか何かを、おしゃれなカフェ雑貨屋に改装オープンしたというので、そのお祝いのようなもの。
メンバーは、奥亭の人たち、JONさんや虚無ちゃん…のようであるが、実際にその人たちではない。そんなような雰囲気、そんなようなつながりを感じる、というだけ。

河岸を替えようと、私たちは居酒屋の階下へ降りていく。と、仲間の一人の男が気分良く酔っ払い、私をおぶって階段までおろしてくれるという。しかし私は遠慮したく…なぜならば、私はそのとき、下に何もはいていないということになっていた。その状態でおんぶされるとなると、その男の背中の下あたり、腰のあたりがヨゴレテしまうからして…悪いナァ、というわけで。
でも実際おんぶされたような気がする。

2.その仲間の何人かと、洞窟を抜けるトロッコ電車に乗る。
暗い洞窟にところどころ電灯がともり、途中のいくつかのポイントで警笛を鳴らすことができる。ポイントが近づいたところで警笛を鳴らす。楽しい。

3.トロッコを降りてまた移動。
と、JONさんが(今度は「らしい」じゃなくてはっきりJONさんだった…)、私が、2~300万円くらいのまとまった金のローンを返すことになると言い出した。
それも、タロットではなく、いま頭の中にそういうお告げが入った、来ました!なんていう風に言うんだもん。
「(ローンのことについては)手紙が来るんですよねー!」とのお告げ。

4.店を改装オープンした某は、私が好きな人だった。某も私のことが好きで、それをお互い知っていた。
でも、お互い言い出せず進みだせず、進展しないままだった。
ところが某の店の前にはオープン記念イベントのライヴがあり、某は楽器を演奏するらしい。しかも、ナントカいう女の子と合奏。
…ふーん、仲良く合奏なんかするんだ…いいんじゃないの…
一方某は私にはいつもと違ってずいぶんそっけないし、私はややむくれる。

しかもお店のオープンその他の手伝いもナントカちゃんは積極的にやっているらしく、ノリも合っているようだし、趣味もとても合うらしい。
まだ付き合っていないようだけれど、もうじき幸せでラブラブな良いカップルになるだろう。

そのことは、某が幸せになることはとても喜ばしいことだけど、私は悲しかった。淋しかったしつらかったし、やはり悲しかった。


*****


■洞窟
洞窟は、子宮を象徴しています。生命の誕生を表わすと同時に、母体(胎内)回帰願望の表れといえます。
洞窟の夢は、現実の生活に疲れた時などに見ることが多い夢です。
ただし、意気揚々と洞窟を探検している夢の場合は、新しい生活にチャレンジしようとしていることを暗示しています。
出口が見つからないという場合は、気力の低下を意味しています。


現実に疲れてる、かぁ。気分落ちてたからなあ(現実で)。でも、新しい生活へのチャレンジがないではない。
出口が見つかるかどうかは意識しなかった。


■失恋
 失恋の夢は、恋愛中の人が見た場合は、恋人を愛するあまり、振られたらどうしよう、という不安の表れと考えられますが、実際には振られるどころか、ふたりの仲はより親密度を増すでしょう。
 恋人のいない人が失恋の夢を見た場合は、自分の魅力を過大評価していることが考えられます。作られた魅力ではなく、もっと自分本来の魅力に目を向けてみましょう。


あらら。
スポンサーサイト

テーマ : 夢日記 - ジャンル : 心と身体

【今朝見た夢】社会人で大学合格

今朝見た夢。
ボルトもさおりちゃんもなでしこも関係なく。
しかしそのため早起きしたおかげで、久しぶりにまた夢が見られたのだろう。
(先日見た夢も同様、オリンピックを見るので睡眠時間がズレたので、見られたのかと)

*****

やや年季の入ったガード脇の商店街。雰囲気は高円寺か阿佐ヶ谷のようである。
そのあたりに、おじさんおばさんが店主らしい古道具屋のような雑貨屋があった。
雑貨といっても、インテリア雑貨など。
香水(香水瓶)みたいなものでめぼしいものがあったので買うという
その店の店主夫婦になにか問題がありよその人たちとちょっとした揉め事などあった。
問題とは、伝染病を持っているのか、その夫婦が悪霊に取りつかれているのか、あるいは夫婦がインチキ宗教家だとか、そんなこと。
そして近所の人も含めてその夫婦を成敗、というか、問題を片付けようとしていた。

私は大学受験をすることになっていた(この年で、社会人受験)
実際はもっと入りやすい安全圏内の学校を受験する予定だったのだが、
ひょんなことからある大学の試験を受け、面接もいった。
面接は広い明るい部屋で、長机が中央に渡してあり数人の面接官が座っていた。
といっても面接官の前にもそれぞれ椅子があり、面接自体は一対一のようだった。
私の面接官は上品で知的な、半分くらい白髪のメガネをかけた女性。そう、顔だけ見知っている、某日本語学校の偉い先生のようだった(実在)。
しかもその先生は、サルさんの仕事がらみの上司のような人だった。

後日、その大学から合格通知がくる。
その大学は、一橋大学だった。
受ける予定もなく、その学校で専攻する学科も吟味していなかったのに…
しかもあとで、面接間となった先生、つまりサルの上司からは、
「本当はあなたの試験の結果は60点(60%)くらいしかできていなかったので、合格基準には達しなかった。でも面接やその他の条件を加味して、一応合格させるということにしたの。」
サルさんのコネのみというわけでもないだろうが…予想外のことで喜ぶ暇もない。
しかし、せっかくいい大学に受かったのだからと、予定していた学校を受けるのをやめて、一橋に通うことにした。

実は一橋は遠い知人が通っていたのだが、10年近く会っていないその知人に会って、「I君が先輩になるんだねえ!」などという。
また、入学前の大学見学をしたり、学生だかOBだかの話をきいたり…
そして私はどこの学科に通うか考える。
知人と同じく政治学?おいおい無理だよ。ビルマ語の翻訳、がなんだか現状に一番合ってる気がするが、その勉強だけじゃもったいないしなあ…

場面変わって、さきほどの雑貨屋のあったあたり。
雑貨屋はもうなく、例の店主夫婦(ではなかったかもしれないが)と娘のような家族は、すでに「成敗」されて小さな祠のようなものがあった。祠といっても小屋のような形のものはなく、猫の額ほどのむき出しの場所に、その夫婦と娘3人をかたどった怪しげな人形が置かれているだけだ。

場面変わって、地方の特急列車のようなものに乗っている。座席幅が飛行機並みに広かったような。
その通路を後ろから前のほうへ、確か自分の席から連れの席(あるいはその逆)へ移動していた途中で、かわいい子犬だか子猫がいた。
抱き上げて頬ずりなどしてかわいがる。
ら、その飼い主もほほえんでいて、しばらくのち、「またね」などいいながら飼い主が持っていたかごに戻す。



夢占い。「ザウイの部屋」より。

■試験
実際に試験を受ける前に見た場合、夢で見た結果と実際の結果は関係ありません。
 現実に試験などないのに、試験の夢を見た場合は、自分が社会に受け入れてもらえるかどうか不安に思っていると考えられます。

■面接
面接試験の夢は、評価や評判を象徴しています。自分に対する評価や評判を気にするあまり、個性が失われることを警告する夢でもあり、反面、自分をアピールしたいという積極性を表わしている夢でもあるといえます。(略)

■昔の友人・知人
(略)夢に出てきた友人(知人)の名前が特に印象に残った場合は、現在の交際範囲の中にいる同名の人物との関係を表わしている場合もあります。同名の人物に心当たりがない場合は、近い将来、同名の人と出会う可能性を含んでいます。(略)

【先日見た夢】交通事故目撃など

先日見た夢です。

******

自宅で母が死ぬ。事故だか何だか。結構急だったような。
以前、通り魔みたいな暴漢に殺される夢を見たので、それよりはマシになったのだろうか。

のち、居酒屋の2階で仲間と飲み会。
さんざんよっぱらってぐでぐでする。
トイレに行きたいな…となぜか外へトイレを探しに。
外へ出ると薄曇りの昼間だったのだが、大きな交差点を渡る。その交差点の半分くらい上には、高架が交差点に沿って大きくカーブするようにかかっている。首都高のよう???

横断歩道を渡って高架を見上げたら、エイブルのロゴを書いた白いバンが、交差点の真上あたりのカーブでほかの車にぶつかった!エイブルバンと相手とどちらに手落ちがあったか忘れたが、エイブルのバンは首都高のガードを突き壊して落ちかける!危ない危ない、と思っていたが、どうにか落下せずに済んだ。

120810yume


トイレはそこから少し行ったところの病院のを使うことにした。
病院の中もしばらくうろうろ歩き、部屋の中を見たりもする。
トイレに入り、さらに個室に入って用を足そうとしたところで人が入ってきたので、なんだよ、落ち着かないなあ…と少々苦々しく思うものの、用を足す。
尾籠な話ですが、便器がかわっていて、和式で藍色ってのはいいとして、幅が5センチかそこらしかなかったのだ。ヘリも含めて10センチとちょっとしかない。なので気を遣いましたよ。



夢占い。
こんどは友人が「眠り男の夢占い」というのを探してきてくれました。

■(誰かが)死ぬ
(略)自分が死んだり、誰かが死んだり殺されたりするのは、けっして不吉な夢ではありません。
(略)こういった夢はほとんどの場合、正夢にはならないのです。



こちらは「ザウイの部屋」から。

■事故
自分に事故がふりかかるのは、良心をなだめるために夢で自分に罰を与えていると考えられます。他人に事故が起こる場合は、夢の中で無意識のうちに、その人を攻撃していると思われます。


…別にエイブルには何の恨みもないんだが…
------------
 災害の夢と同様、心配しているために見る場合もあれば、予知夢の場合もあるかもしれません。火事や事故など、人間関係のトラブルの象徴として出てくることもあります。その場合、メッセージドリームとして、自分から火種をまいてはいけませんよ、無理を押すのは事故のもとですよ、といっているのかもしれません。〈江〉

■酔っぱらい・酔っぱらう
登場人物の誰が酔っぱらっていたとしても、それはあなた自身を表わしています。面倒なことをいちいち気にしないで、自由気ままにふるまいたい、というあなたの思いを酔っぱらいの姿で表現しているのです。
------------
 酔っぱらいが出てきた夢は、対人関係のトラブルを暗示しています。あるいは、人から難しい相談を持ち込まれる可能性も。ただ、いずれの場合も誠心誠意、対応することによって、互いの関係が改善されることを示唆しています。

【今朝見た夢】小槌さんと居酒屋で

今朝見た夢。
明け方よりも後かもしれませんが。

*****

会社の上役の某さん(実在、男性)が、近所のいきつけの居酒屋に連れてってくれるというので、私も友人のSさん(実在、男性)を誘っていった。

このことについては、現実に私の頭の中だけで企画していたことだったりします。

居酒屋は、引き戸にのれんの、ちょっと古びた和風の、なんとも味のある店。
BGMに有線で「居酒屋」でも流れてたらお似合いだろう。

入って正面に10人ほどのテーブル席があり、そこに集まった順に着席。
某さんと、私とSさん、私の知人の男性で実在か架空か分からない人、
それから某さんの飲み仲間の女性などがぼちぼちと集まってきた。

途中席を変わったりして、私以外はみなタバコを吸い出す。
アレ?某さんもSさんも、タバコなんか吸ったっけ?

私の右隣りには、某さんの知人女性が紫煙をくゆらせている。
歳は同じころか?少し世慣れた会社員風で、髪は肩くらいまで、少し茶髪をいれたストレート。
名前をきくと、「オヅチ」という。
字を尋ねると、「小槌」と書くらしい。


実は夢の中では「小」と、「白」に「しんにょう」の字と言われたので「小迫」となるはずだが、
なぜかちゃんと「小槌」と認識していた。

小槌さんは友人にはいないタイプで、元ヤンじゃないが怖そうな気もしてなんとなく話しかけづらいが、某さんの手前もあることだし小槌さんとコミュニケーションをとろうとする。
と、もちろん向こうも敵意などないわけで、それなりに話も続く。


*****

そして、その居酒屋の2階は私の住まいらしい。
部屋の様子は実家の私の部屋になっている。

そしてなぜかサルさんが、この居酒屋での飲み会に顔を出し、疲れたので2階のその部屋で寝て休んでいると…
で、上にあがってサルさんの様子を見にいった。
やはり疲れた様子で毛布にくるまって寝ている。

私は部屋の中に積まれた漫画本の山を片づけようとした。
このうちいくつかは、下の居酒屋で飲んでる人たちのものなんだよなあ、返さなくちゃ…
というので、より分けている。

そのうちサルさんが起きだして下へ降りるという。
入れ替わりに私がなんとなく横になりたくなり、サルさんのいたところに寝る。
サルさんが、下の人たちに渡すマンガを持って行ってくれるというが、「いいよ、悪いよ」と断る。
サルさんは「いいよ、あんたは休んでて」などという…


*****

夢占い(例によって「ザウイの部屋」より)

■居酒屋
 居酒屋の夢は、お酒を飲んでうさを晴らしたい、羽目をはずしてみたい、というあなたの思いを表わしています。

なお、江原啓之さんによると
 居酒屋やバーやクラブなどの夢は、コミュニケーションを象徴しています。新しい出会いがほしい、様々な人と交流したい、あるいは、色々な人の意見を聞いてみたい、などという思いから見ると考えられます。また、コミュニケーション不足を感じている時にも見るようです。

うさ晴らしねえ。そりゃ、したいですワ。
コミュニケーション不足… Sさんと某さんとは、私の中では不足しているとは思っておらず、むしろコミュニケーションがとれていると感じているほうなので…他の人に対しては、不足を感じているんでしょうね。

ってか、小槌さんって誰だよなあ…


■知らない女性
<女性が見た場合>
 知らない女性の夢は、自分では気付いていないあなたの一面を表わしています。
 見知らぬ女性とケンカする夢は、あなたの欠点や未発達な部分を指摘しています。相手の女性の感じの悪いところは、あなたの隠された部分でもあるのです。その女性と仲良くなれたなら、欠点の克服ができるでしょう。


前半は、当たってるかもなあ…
ケンカなどはしていないので、良かったかもね。

ますます謎だ、小槌さん!


テーマ : 夢日記 - ジャンル : 心と身体

【こないだ見た夢】会社からお迎え

内容も毒がなかったし実在の人物がはっきりしていたので、日記に書くよりも先に登場した当人たちに話しちゃいました。

*****

私は実家にいる。
AM10:30から会社で、Aさん(実在、男性)と打ち合わせが入っているので
それまでに出社しなければならない。


実際、この夢をみた日の少し後に、Aさんと打ち合わせの予定がその時間に入っていた。

なのに、母が私の洗濯物…あろうことか布ナプキンを洗おうとしたのかびしょびしょにしてしまい、風呂場は収拾がつかなくなっている。
他のブラウスか何かの洗濯物も一緒になっている。

そんなものを片付けて、いざ家をでようとしたらもう11時ではないの。
会社に、「すみません…いまから家を出ますので…」と電話。

ら、Aさんと同じ部署のBさん(実在、男性)が車でAさんと一緒に家にきて、私とAさんをいっしょに会社まで送ってくれた。


テーマ : 夢日記 - ジャンル : 心と身体

カテゴリー
最近の記事
過去ログ v Co リバース
過去記事はこちらから検索してください

Plug-in byまる。hi

ブログ内検索
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。